『グレイズ・アナトミー』エンディングについてショーランナーが気になるコメント

拡大画像を見る

 米医療ドラマ史上最長ロングランを記録中の『グレイズ・アナトミー』。アメリカでは9月からシーズン18の放送が始まり、物語の行方に注目が集まる中、ショーランナーがドラマのエンディングについてコメントした。

 本作は、シアトルの大病院を舞台に、医師たちの公私にわたる奮闘が描かれる人気ドラマシリーズ。すでに18シーズン、380話を越えるロングランヒットとなっており、シリーズが今後どのように展開していくのか、いつ終了してしまうのかと注目が集まっている。

 JustJaredによると、主演のエレン・ポンピオも、「番組がいつ終わるか、まだわからないわ。だけど、今年が最後かもしれない」と昨年行われたインタビューで語っており、先が見通せない状況だ。

 そんな折、ショーランナーのクリスタ・ヴェルノフが、ポッドキャスト『At Home with the Creative Coalition(原題)』に出演し、気になる事を明かしたという。

 「最初の7シーズンの間に、心に浮かんだアイディアがあったの…(クリエイターの)ションダ(ライムズ)に話すと、『シーズン8のアイディアね』と言われたわ」。「つまり、それはシリーズのファイナルシーズンのアイディアだったのよ。だけど今、シーズン8はとっくに過ぎ去り、シーズン18よ。キャラクターたちの先行きがどうなるかというアイディアは、毎年変わっているのよね」とコメント。

 続けて、「毎年、今年がラストシーズンになるかもしれないと思って書いている。毎年新しいアイディアが浮かぶの」と話し、「もし今年がファイナルになるなら、どうする?」といつも考えているそうだ。

 キャラクターたちの身に驚きの事件が次々降りかかる、先の見通せないスリリングな展開は、本作の魅力の一つ。ショーランナーの柔軟な発想がキーのようだ。

関連リンク

  • 10/6 19:15
  • クランクイン!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます