ホラン千秋、『日本沈没』で初のドラマナレーター挑戦「現実の世界にリンクするようで不思議な感覚」

拡大画像を見る

 俳優の小栗旬が主演する10月10日スタートの日曜劇場『日本沈没-希望のひと-』(TBS系/毎週日曜21時)のナレーションを、キャスター・女優のホラン千秋が務めることが発表された。

 本作は、1973年刊行された小松左京のベストセラー小説『日本沈没』に大きくアレンジを加え、原作でも描かれていた「環境問題」を、今に照らし合わせて鮮明に描き出す。さらに、主人公を含め登場人物をオリジナルキャラクターにすることで、2023年の東京を舞台に、沈没という目に見えない危機が迫る中で「見いだしていく希望」をテーマに描いていく。

 ナレーターに決まったホランは、夕方のニュース番組『Nスタ』(TBS系)でキャスターを務めるほか、さまざまな番組でのキャスター経験もあり、女優としてTBSドラマにも多数出演しているが、“声”のみのドラマナレーターとしてドラマに出演するのは本作が初となる。

 ホランは「日曜劇場という、格式と歴史ある番組でナレーションを担当できるのは、本当に光栄なことだと思っています。ドラマの中で語られる内容は、もちろんフィクションの世界のものではありますが、普段私が夕方にお伝えするニュースの内容に近い部分もあり、現実の世界にリンクするようで不思議な感覚でした。ナレーションは、物語とテレビの前の皆さまの架け橋になる役割もあると思いますので、視聴者の方々がより作品に入り込めるように意識しました。皆さまに楽しんでいただけたらうれしいです!」とコメントしている。

 日曜劇場『日本沈没-希望のひと-』は、TBS系にて10月10日より毎週日曜21時放送(初回25分拡大)。

関連リンク

  • 10/6 19:00
  • クランクイン!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます