Amazonに出品する販売事業者、ヤマト運輸の「特別運賃」で配送可能に

拡大画像を見る

 Amazonのマーケットプレイスに出品する販売事業者は、ヤマト運輸の「特別運賃」で顧客向けに配送することが可能になる――。Amazonは10月5日、同社最大のECイベント「Amazon ECサミット」で、ヤマト運輸と共同で2021年内に提供を開始する「マーケットプレイス配送サービス」を発表した。
 

 マーケットプレイス配送サービスは、Amazonに出品している販売事業者が、自社出荷を行うすべての商品を対象として、ヤマト運輸が提供する宅急便、宅急便コンパクト、ネコポスの配送サービスを両社の連携により実現した特別運賃で利用できるサービスだ。
 Amazonに出品する販売事業者であれば、事業規模にかかわらず特別な条件交渉や手続きなしに、特別運賃で顧客向けに商品を配送できる。
 マーケットプレイス配送サービスの特別運賃は、ヤマト運輸が提供する配送方法別に、販売事業者の当該サービスの前月の利用箱数に応じて3種類の運賃が設定され、前月の利用箱数が合計500箱以上である場合に最も割安な運賃が適用される。例えば、ネコポスなら174円、宅急便(60サイズ)なら436円となる。
 なお、マーケットプレイス配送サービスの提供にあわせ、前月500箱以上の利用に適用する運賃を期間限定ですべての販売事業者に提供するキャンペーンの実施を予定している。
 Amazonでは、販売事業者の多様なニーズに応えられるよう、商品の在庫保管・配送代行サービス「フルフィルメント by Amazon(FBA)」を含む多様な配送オプションを提供している。
 今回のマーケットプレイス配送サービスの提供により、販売事業者はFBAに加え、自社出荷でも特別運賃で顧客向けに商品を配送することが可能となる。

関連リンク

  • 10/6 20:00
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます