BE:FIRST「Kick Start」歌詞に込めた想い語る「胸熱」「涙なしで聴けない」と反響

【モデルプレス=2021/10/06】SKY-HIが手掛けたボーイズグループ発掘オーディション「BMSG Audition 2021 -THE FIRST」で誕生したボーイズグループ・BE:FIRSTが、6日放送の日本テレビ系情報番組「スッキリ」(月~金曜午前8時)にVTR出演。デビューシングル「Gifted.」の先行配信曲「Kick Start」への想いを語り、反響が寄せられている。

◆BE:FIRST、先行配信曲「Kick Start」

11月3日に「Gifted.」でデビューが決まっているBE:FIRST。同シングルからの先行配信曲「Kick Start」は、「THE FIRST」のオーディション合宿中、参加者自身が作詞・作曲・振り付けまで行った“クリエイティブ審査”にて披露された「“A” life」「Good Days」「YOLO -You Only Live Once-」と同じMatt CabとMATZのトラックに乗せ、BE:FIRSTのメンバー7人があらたにメロディと歌詞、さらに振り付けまでを作り直した1曲。

歌詞の中には、オーディション合宿中苦楽をともにした仲間たちとの友情や思い、課題曲のキーワードなどが散りばめられており、歌詞や歌割り、新たな振り付けなど、エモーショナルな1曲に仕上がっている。

◆BE:FIRST「Kick Start」に込めた想い

同番組に出演したBE FIRSTメンバーは、同曲に込めた想いを語った。

歌いだしのラップ歌詞を担当したSOTAは「唯一の同い年のシュンスケに向けて」と惜しくもオーディションでデビューメンバーから外れたシュンスケに向け、オーディション曲「Good Days」の“The First 踏み出す勇気”の歌詞を“THE FIRST to BE 受け継いでく勇気”に変えたと説明し「皆が踏み出した勇気を僕たちが受け継いでいく」と熱い想いをコメント。

RYOKIは「失敗や過去を成功につなげていけるように全力で頑張るストーリー性を込めて作詞した」と課題曲のタイトルを歌詞に挿入。LEOはチームAを振り返った歌詞を作成し「殴り書きの地図が今の自分の道。それが間違っていなかったという歌詞になった」と伝えている。

そして、サビの歌詞を作ったMANATOは「挑戦する側から今はいろんな方に見ていただける形になって、いろんな場所で自分たちの音楽が聞こえるっていう、自分たちはこれからも羽ばたく意味で“Our song on the radio”という歌詞にした」と語った。

◆BE:FIRST「Kick Start」への反響

同楽曲に対しファンからは「胸熱」「涙なしで聴けない」「最高の音楽をありがとう」などと絶賛の声が寄せられている。

また、SKY-HIは先行配信にあたり「彼等がメジャーデビュー直前のこのタイミングで、THE FIRSTに向けて書いた手紙であり所信表明です。ここからKick Start!!!!!」とつづり、Matt CabやMATZらからもコメントが届いている。(modelpress編集部)

情報:日本テレビ


【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 10/6 19:38
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます