民間初の新型コロナワクチン接種証明アプリ「ワクパス」、飲食やホテルで特典

拡大画像を見る

 メディカルチェック推進機構とICheckは10月6日、民間初の新型コロナワクチン接種証明アプリ「ワクパス」を近日中に配信すると発表した。アプリでは、ワクチン接種記録の管理やワクチン接種者向けの優待券などを提供するほか、抗原検査キットを気軽に購入できる仕組みをとり入れた。企業の情報掲載、ユーザーの登録・利用ともに無料で使うことができる。

 ワクチンパスポート「ワクパス」発表会に登壇したICheckの島谷ひとみ社外取締役は、「ワクパスは安全・安心な企業活動を望む企業とユーザーをつなぐもの。ワクチン接種済みの人にさまざまなメリットを提供し、広くワクチン接種を推進すること、コロナで打撃を受けたさまざまな団体・企業の経済活動の活性化することを目的としている」と説明。
 また、あくまでワクチンを接種した人にインセンティブを与えるものであり、ワクチン接種をしていない人への不便を強いるものではないという。アレルギーなどの理由で接種できない人については、検査結果など代替手段を検討している。
 ユーザーは、必要な情報を入力し、ワクチン接種済証と顔写真付きの証明書、自身の顔を一緒に撮影して送ると登録できる。使う際はアプリの「優待」から使いたい特典を店員に提示し、続いて接種証明を提示すれば優待を受けることができる。
 スタート時点の参加企業は、アパホテル、アトム、HIS、鹿島アントラーズFC、カッパ・クリエイト、サンワサプライ、JT、東京商工会議所、とりいちず、OLIVESPA。島谷氏は「これからも参加企業を増やし、特典を充実させていきたい」と話し、ワクチン接種の促進と経済活動の正常化に向け取り組む姿勢だ。
 今後は、海外渡航の証明、陰性証明、行政アプリとの連携(データ提供など)、3回目のワクチンブースター接種への対応、国や都道府県に向けたワクチン接種済み者のイベント入場制限緩和の要請など、さまざまな展開を構想している。
 なお、ワクパスは当初10月6日にリリースする予定だったが、新型コロナに関わるアプリとして慎重に審査されているため、リリース予定を近日中に変更している。

関連リンク

  • 10/6 19:00
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます