USJとポケモンが提携、2022年にパークの新たな“仲間”登場

拡大画像を見る

 ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)とポケモンは10月6日、新たなパーク内エンタテインメントの開発・提供に関する中長期戦略的アライアンスを結んだと発表した。すでに複数の開発プロジェクトが進行中。両社は卓越した創造力と世界トップクラスのエンタテインメント技術力を結集して、これまでになかった新次元のテーマパーク体験の創造と提供を目指すという。

 2022年中には、一つめのコラボレーション・プロジェクトとして、パーク内に新たな“仲間”が登場する見込み。その後も期待を超える新しい体験を届けていくとしている。
 ユー・エス・ジェイのJ.L.ボニエ社長CEOは、「ポケモンとの中長期戦略的アライアンスの発表に加え、ポケモンファンや私たちのゲストのために、USJで革新的なポケモンエンタテイメントの創造ができることを大変光栄に思う」とコメント。
 ポケモンの石原恒和代表取締役社長は両社の提携を喜びながら、「ポケモンは今年、25周年を迎えた」と紹介。これまでもさまざまな分野でポケモンをプロデュースしてきたが、これからも新しいチャレンジをする。今回はテーマパークでのエンタテインメントをUSJとプロデュースしていく」とのコメントを寄せている。

関連リンク

  • 10/6 19:00
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます