紅蘭、娘の病気を公表「長期戦なの」

【モデルプレス=2021/10/06】モデルの紅蘭が5日、自身のInstagramのストーリーズを更新。娘の病気について言及した。

◆紅蘭、娘の病気を公表

紅蘭は、自身が長女に「次新しくタトゥー入れるとしたら何がいいかな?」と問いかけ「ペッパピッグ」とアニメのキャラクターを提案される可愛らしい動画を公開。

その動画を受け、Instagramのフォロワーから長女の目の下の出来物に関して質問があったといい「めちゃくちゃ言われるからもう一度説明するけど霰粒腫っていう病気なの」とまぶたの中に小さい腫瘤ができる、霰粒腫であることを公表。「長期戦なのよ 手術とかする子もいるみたい!私は手術の選択肢は今のところないかな」と説明し「心配してくれてありがとう」とファンに感謝した。

続くストーリーズにて「娘の霰粒腫については今度詳しく書くね!」と改めて説明を行うことを予告。そして「想像以上に沢山の方が悩まれてるみたいで何か私にできることはないかな?と考えてるよ!」とファンからの声も明かし「いい報告ができるよう病気について日々勉強中です」と自身も症状について勉強している最中であるとした。

紅蘭は2018年12月に第1子となる長女を出産していた。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 10/6 18:50
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます