ホラン千秋『日本沈没』ドラマナレーターとして出演決定「不思議な感覚でした」

拡大画像を見る

TBSで10月10日(日)よる9時からスタートする日曜劇場『日本沈没―希望のひと―』(初回25分拡大)。原作は1973年に刊行された小松左京による不朽の名作『日本沈没』。刊行の翌年にはTBSでテレビドラマ化され、それ以降もドラマのみならず映画やアニメ、漫画など様々なかたちで語り継がれてきた。刊行から48年の時を経て、この原作に大きくアレンジを加えて新たにお届けする今作は、原作でも描かれていた「環境問題」を、2021年バージョンとして今に照らし合わせて鮮明に描き出す。


さらに、主人公を含め登場人物をオリジナルキャラクターにすることで、2023年の東京を舞台にした、今だからこそ描くべき物語を展開。沈没という目に見えない危機が迫る中で「見出していく希望」をテーマに描いていく。


このたび本作のナレーションを、TBS夕方の顔として活躍するホラン千秋が担当することが決定。自身がキャスターを務めているニュース番組『Nスタ』内で発表された。

その快活な話口調に定評があり、老若男女問わず愛されているホラン。様々な番組でのキャスター経験もあり、女優としてTBSドラマへも多数出演している彼女が、“声”のみのドラマナレーターとしてドラマに出演するのは本作が初となる。彼女の優しく、真っ直ぐで淀みない声が、未曾有の危機を前に一筋の希望に向かってひた走る登場人物たちと視聴者との架け橋となるだろう。

オリジナルの登場人物でお届けする、10月10日(日)よる9時スタートの日曜劇場『日本沈没―希望のひと―』。今の時代だからこそ、諦めずに未来を信じ続けた者たちの究極の人間ドラマに乞うご期待。

<ホラン千秋 コメント>

日曜劇場という、格式と歴史ある番組でナレーションを担当できるのは、本当に光栄なことだと思っています。ドラマの中で語られる内容は、もちろんフィクションの世界のものではありますが、普段私が夕方にお伝えするニュースの内容に近い部分もあり、現実の世界にリンクするようで不思議な感覚でした。ナレーションは、物語とテレビの前の皆さまの架け橋になる役割もあると思いますので、視聴者の方々がより作品に入り込めるように意識しました。皆さまに楽しんでいただけたらうれしいです!

<プロデュース・東仲恵吾 コメント>

本作で、視聴者の方々が作品をより楽しめるように寄り添ってくれるようなナレーションを、と考えた際に、『Nスタ』で種々のニュースを丁寧に、優しく伝えてくださるホランさんにお願いしたいと思いました。思い切ってお話ししたところ、快く引き受けてくださり今回やっていただけることになりました。ナレーション撮りの際は、監督が「すごくいいです!」と思わず感嘆してしまうほど、魅力的に声で作品を彩ってくれております。是非、お楽しみください。


■日曜劇場『日本沈没―希望のひと―』

10月10日(日)スタート 毎週日曜よる9:00~9:54(初回25分拡大 よる9:00~10:19)
出演者:小栗旬 松山ケンイチ 杏 ウエンツ瑛士 中村アン 高橋努 浜田学 河井青葉 六角慎司 山岸門人 竹井亮介 高野ゆらこ 与田祐希(乃木坂46) 國村隼 風吹ジュン 比嘉愛未 宮崎美子 小林隆 吉田鋼太郎(特別出演) 杉本哲太 風間杜夫 石橋蓮司 仲村トオル 香川照之 ほか

(C)TBS

関連リンク

  • 10/6 19:00
  • dwango.jp news

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます