ドングリを持ち帰る際は『要対策』 恐怖体験に共感の声が続出

拡大画像を見る

毎年、秋になると松ぼっくりやドングリ、赤色や黄色に色づいた葉などが、道を彩ります。

そうした自然の落とし物は、季節の移ろいを感じさせるとともに、子供たちにとっては格好の遊び道具。

しかし、時に子供たちが拾ってきた秋の遊び道具が、大人を恐怖のどん底に突き落とすのです…。

『どんぐり恐怖体験』

るしこ(@39baby_com)さんがTwitterに投稿したのは、自身が幼少期の頃の出来事。

幼少期のるしこさんと妹にとって、ドングリは宝物のような存在でした。道に落ちているドングリを拾っては持ち帰って、遊んでいたといいます。

その後、遊び終わったドングリは部屋の片隅に追いやられ、そのまま忘れられた存在に。

そして、悲劇は起きたのです…。

母親が目にしたのは、ドングリから這い出てきた大量の虫。

箱を中心に部屋のあちこちに散らばる虫を目にした母親は、絶叫したといいます。

「母の悲鳴に駆け付けた当時5歳くらいの私の記憶に強烈に焼き付いていて、毎年秋が来るたびに思い出す」と語る、るしこさん。

以来、ドングリを拾わなくなるほど、るしこさんにとってトラウマになりました。

そして現在、大人になったるしこさんは1児の母親に。

幼少期の一件でドングリが苦手になったるしこさんですが、我が子の興味や好奇心を制限するわけにはいかないとして、持ち帰る際には煮沸して対策をとっているといいます。

るしこさん同様、ドングリを持ち帰ったことで恐怖体験をした人は多く、共感のコメントも寄せられました。

・私も幼少期、集めたドングリを缶に保管して、同様の被害を出したことがあります。開けた瞬間の衝撃はすごかったですし、今でもトラウマです…。

・ちょうど昨日、我が子が拾ったドングリを湯掻いてる私。なんてタイムリーな漫画…!

・ドングリあるあるですね。穴が空いてるのは捨てて、我が家では茹でてます。凍らせてもいいみたいですね。

子供にとって、目に映るものすべてが新鮮で宝物のように感じられるでしょう。

『その後』を知ることも大切ではありますが、自分の身を守るためにも、そして子供にトラウマを残さないためにも、ドングリを持ち帰る際は、くれぐれもご注意を…。

[文・構成/grape編集部]

出典 @39baby_com

関連リンク

  • 10/6 18:03
  • grape

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます