日本版も高評価! 韓国ドラマのリメイクで成功した作品は?

拡大画像を見る

動画配信の横断検索サービス「1Screen」を運営するvivianeは、韓国ドラマが好きな10〜60代の男女300名を対象に「韓国ドラマをリメイクして成功したと思う作品は?」というWebアンケートを行いました。

今年に入ってから放送された『知ってるワイフ』や『彼女はキレイだった』など、たびたび目にすることが増えた韓国ドラマのリメイク作品。

実はこれまでにも、日本でヒットを記録したリメイクドラマは数多くあります。中には韓国ドラマのリメイクという事前情報なしで高評価を得た作品も。

そこで今回は、韓国ドラマファン300名を対象に「韓国ドラマをリメイクして成功したと思う作品は?」というアンケートを実施。投票結果を元に、リメイク成功の秘訣を探っていきます!

1位となったのは、瀧本美織さんがヒロインを演じ、Kis-My-Ft2の玉森裕太さんや藤ヶ谷太輔さん、Hey! Say! JUMPの八乙女光さんが出演した『美男ですね』でした。

回答者からは「韓国版のストーリーに忠実だった」「キャスティングが大成功」など、“芸能人との隠れた恋愛”というどの国でも夢中になれるストーリーはもちろん、出演者をアイドルで固めたことで、アイドルファンの心をつかんだという点が大きかったようです。

2位は山崎賢人さんが主演を務めた『グッド・ドクター』でした。回答者からは山崎さんというキャスティングの成功と、彼の演技を評価する声が多く集まりました。

この作品は、韓国ドラマのリメイクと知らずに見ていた視聴者も多かったようで、それだけ違和感なく日本のドラマとして溶け込んでいたようです。

そして3位は、2021年1月に放送され、関ジャニ∞の大倉忠義さんと広瀬アリスさんが夫婦役を演じた『知ってるワイフ』でした。

本作もまた、キャスティングを高く評価する声が集まりました。さらに、作中で描かれた「夫婦関係の破綻と修復」というテーマも、国境を越えて共感できるものだったようです。

今回の調査から、韓国ドラマを日本でリメイクする場合、納得のキャスティングがされているかどうか、そして日本でも共感できるストーリーかどうか、という点が成功の秘訣となりそうです。

10位までのランキングを見てみると、最近の作品から懐かしの作品までそろっています。気になる作品がある方は、元となった韓国ドラマとあわせて見返してみてはいかがでしょうか。

■調査概要

「韓国ドラマをリメイクして成功したと思う作品は?」に関する調査

対象者:全国10〜60代の男女

回答数:300名

調査方法:Webアンケート

アンケート実施期間:2021年8月30日〜9月1日

詳細URL:https://ciatr.jp/topics/319518

調査元:1Screen(https://1screen.tv)

(マイナビウーマン編集部)

関連リンク

  • 10/6 17:10
  • マイナビウーマン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます