生駒里奈 デビュー10周年に感慨「10年生き延びたこと自体すごい」

拡大画像を見る

 元乃木坂46で女優の生駒里奈(25)が6日、東京・渋谷のCBGKシブゲキ!!で舞台「僕とメリーヴェルの7322個の愛」(6~17日)の初日を迎え、開演前に俳優の松田凌(30)と会見した。

 今年デビュー10周年を迎えた二人による一人芝居企画。生駒は「最近はテレビでも緊張しなくなったけど、昨晩から緊張していて、一人の大変さを感じている。俳優でやっていくという意思表示になれば」と初挑戦の一人芝居へ意気込んだ。

 アイドルから役者と駆け抜けた10年。「10年生きのびたこと自体がすごい。最初は『3年続けて辞めよう』という気持ちでアイドルやっていた。演劇の素晴らしさにも気付けて芸能界に来て良かった」と振り返り、10年後の自身の姿を「俳優として活躍して、いい家に住んでいたいです」と思い描いていた。

 一方の松田は「実力不足という節はあるけど、10年間自分の人生を皆さんに生きさせてもらった。やってきて間違いなかった」とデビュー10周年をかみしめていた。

関連リンク

  • 10/6 17:00
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます