広田レオナ 数カ月悩んだ末のワクチン接種を報告「マジで怖かった」

拡大画像を見る

 肺がんで6月に切除手術を受けた女優・広田レオナ(58)が4日、自身のブログを更新し、悩んだ末に新型コロナウイルスのワクチン接種を受けたことを明かした。

 医師から「重大な副反応を起こす可能性が極めて高い」と指摘されていたという広田は「ワクチン打ったら重大な副反応が起きる可能性がある…ワクチン打たずにコロナに罹ったら重症になる可能性しかない…ここ数ヶ月、悩みに悩み…相変わらず呼吸が苦しいのに更に苦しく 私をサポートしてくれている家族にも負担を強いて…」と思い悩んだ末に打つことを決断。

 「私も働かないと仕事が滞ってしまうわけで…何人も抱えているのに、逃げてばかりではいられない… 天秤にかけたら新型コロナに罹ったリスクの方が高すぎると」と、自宅そばの病院で1回目の接種を受けたことを報告。

 「インスタのストーリーにあげた写真です」と、自身の入浴ショットに「アナフィラキシーにならなくて良かった」「マジで怖かった」「毎日毎日悩んでいたのはなんだったんだ」などと書き込んだ画像をアップ。

 「打って3日目ですが腕が痛かったのとちょっと熱が上がったくらいでした」と心配していた深刻な副反応が出ていないことを伝え、「3週間後に2回目を予約しました… 無事に済みますように…」とつづった。

 広田はタグ付けで「#私の場合インフル予防接種の副反応や肺炎球菌ワクチンの副反応や喘息は知られていますがその他にポリエチレングリコールの入った化粧品での腫れやブヨや蜂のアナフィラキシー」などと体質的に相当の決断だったことを説明し「#ワクチン打ったからこんな事になった…なんて未来だってあるかもしれません…#ただ私が選んだ事ですから…自己責任です」と言い切った。

関連リンク

  • 10/6 16:49
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます