イヤな予感! 突然、彼から呼び出されて…【40代編集部長の婚活記#270】

拡大画像を見る

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/250858/ )

40代の婚活は、コミュニケーションが大切。婚活歴5年を超えたOTONA SALONE編集部長・アサミ(49歳)。これまでの婚活で100人以上もの男性と出会ってきた。

時は数年前に遡って、ジェントルさんとの復縁編。ステキな誕生日プレゼントをもらってちょっと浮かれているアサミだけれど……。この話は40代独女の「実名 顔出し」で書いている、リアル婚活改め、パートナーを探す活動=「パー活」ドキュメントである。

【40代編集部長の婚活記#270】

合わないこともあるよね

デートプランの提案になかなかOKが出ない。映画に決まったかと思えば、観る映画の提案にOKが出ない。結局、その日は表参道でショッピングデートになった。

私のオススメはあまり彼にフィットしない……?

いままであんまり彼と「趣味が合わない」と感じたことはなかった。食べるものや香り、美容、ファッション、アートの好みはわりと共通していたし。でも、映画の好みはあまり一致しないのね。そういえば彼の家にあるDVDも重厚な内容のものが多いせいか一緒に観たことはなかった。

好みが合うこともあれば、合わないこともある。どんなに仲のいい夫婦でも恋人でも友達でも、そんなものよね。全部一致するわけじゃない。当たり前のことよね。そう言い聞かせていた。

 

フツーは「イヤ」もあるの?

逆に、私は彼が提案するものにNOと言ったことはなかった。デートの場所も、食事も、買い物も、彼がオススメするもので特にイヤだなと思うものはなかったからだけど。

彼と一緒ならどこでも楽しめるし、私は好き嫌いないし(牡蠣だけあたってからダメだけど)、彼のセンスはオシャレだし。NOとする要素は何もなかった。

お付き合いしてたら時には「それはイヤ」とか言うことがあるのがフツーなんだろうか? 私の許容範囲が広すぎ? 主体性がない? でも、本当に別にイヤじゃないんだもの。自分があまり興味なかったものでも好奇心が湧く。新しい世界が広がるかなとか、楽しんでみちゃおうとか思うのよね。

 

ある夜、めずらしい出来事

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/250858/ )

ジェントル「いまから会える?」

ある平日の夜、めずらしくそんなメッセージが届いた。

アサミ「いまおうちに帰る途中なの。家に荷物置いてからでよければ、1時間後くらいなら大丈夫よ」

ジェントル「OK」

アサミ「どうしたの? 何かあった?」

ジェントル「ちょっとね。会ってから話すのでいい?」

行間から元気なさそうな印象を受ける。イヤな予感。なんとなく、あまりポジティブな話ではない気がした。

アサミ「OK。なるべく早く行くね」

 

あんまりいい話じゃない

どうしたんだろう。いまから会いたいなんてあまりないこと。メッセージの行間を読むに、なんとなくいい話じゃないと感じる。。

また病気のことかな? お子さんとのこと? 仕事のこと? 復縁してから7カ月以上、知り合ってからは1年半以上が経つ。彼が意外とセンシティブな性格であることは理解しているつもりだ。

でも、病気やお子さんのことは私に会ったところで解決する話でもないな。まさか、また別れ話? それなら私と会って解決する話ではある。もしそうだったらどうしよう……。

あー、また恋愛ネガティブ思考になってる! 大丈夫、そんなことない。復縁してから7カ月も穏やかに続いているじゃない。自信を持て、アサミ!

 

会社から自宅に着いて

自宅に着いて仕事の荷物を置き、ちょっとだけ身支度を整えた。夕食はどうするつもりかな? 彼はもう食べたのかしら?

アサミ「いま家に着いたところ。これから向かうね。そういえば夕ごはん食べた?」

ジェントル「まだ。あなたも食べてないでしょ?」

アサミ「うん。どこかで食べる?」

ジェントル「ううん。家で食べよ」

アサミ「OK。何か買っていこうか?」

ジェントル「作ったから大丈夫。あ、何かおやつ買ってきて」

アサミ「甘いもの?しょっぱいもの?」

ジェントル「甘いものがいいな」

アサミ「了解!」

心配しながら彼の家へ

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/250858/ )

途中にあるお店でシュークリームを2つ買って、彼の家に到着した。出迎えてくれた彼は、いつになく無精髭が伸びていた。いつもとは様子が違う。疲れているように見えた。

アサミ「大丈夫? ちょっとお疲れな感じするけど」

ジェントル「うん……。それは後で話すから」

アサミ「そうね。ごはん食べましょ。あ、シュークリーム買ってきた」

にっこり微笑みながら、買ってきた紙袋を彼に渡した。少しでも元気になるといいなと思って。

ジェントル「ありがと」

アサミ「あ、いいにおい!何作ってくれたの?」

ジェントル「ハヤシライス。あと、サラダとかありあわせのものだけど」

アサミ「ありがとう。お腹ペコペコだからうれしい!」

 

ごはんができてるっていいな

仕事でクタクタになって家に着いたら夕ごはんができてるって、いいなぁ。まるで専業主夫がいるような気持ち。こんな関係性も悪くない。ジェントルさんはお仕事しているから専業ではないけど、主夫業はやってくれる人。

私は人生で料理することを放棄してきたので、やっぱり料理ができる男性がいいわ。もちろん時々は料理するし、お手伝いだってするけど。私のようなズボラな女にとって料理男子は理想のパートナー! 割れ鍋に綴じ蓋って言うものね。

彼の手料理を食卓に並べ、めずらしく平日夜に一緒に食卓を囲む。これが一緒に暮らすときの雰囲気なのかな。なんて妄想にふけっていた。

 

食事を終えて本題に

食事中は他愛のない話に終始していた。彼の話したいことを聞こうかなとも思ったけれど、あえて私から切り出すのもなぁと様子をうかがっていた。あんまり楽しそうな話ではないだろうし、食事中は楽しい会話のほうがいいものね。

そして夕食を終えた頃、彼から切り出してきた。

ジェントル「なんか疲れちゃったんだよね」

アサミ「何に?」

まさか、私との関係じゃないよね? 一瞬、構えてしまう。

ジェントル「いまの仕事。やっぱり僕は日本のビジネスに向いてないのかな」

私のことじゃなくてちょっとホッとする。なるほど、仕事か。海外生活が長く、仕事も海外との取引が多かったという彼。ここ数年は日本に拠点を置いているけれど。

アサミ「どうしたの?」

日本のビジネスに向いてない?

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/250858/ )

ジェントル「いまのボス、いい人なんだけどさ。日本の企業って結局、調整型なんだよね」

アサミ「調整……。確かにそれはあるかもね」

ジェントル「白か黒かの選択なのに、どっちでもない“グレー”になるの。理解できない」

アサミ「うん」

お仕事あるあるよね。A案とB案の折衷案とかよくある話。

ジェントル「グレーで進める仕事でいいものはできない。だったらやらないほうがいいのに」

アサミ「相談しながらまとめていく、みたいなことね」

うーん。むしろ私も、折衷案的な調整をすることはあるからなぁ……。彼のボスの気持ちはよくわかるけど。

 

ソレ「お仕事あるある」よね

ジェントル「そんなことばかりが続いてもう、やれやれなの」

アサミ「それで疲れちゃった」

ジェントル「ま、今回に限らないけどね。一事が万事そんな感じで」

アサミ「仕事がやりにくいよね?」

ジェントル「ホントやりにくい」

彼の言っていることもわかる。けど、彼のボスの言っていることもわかる。でもいまは、彼に寄り添うことが大事よね。下手な意見とかアドバイスじゃなくて、精一杯彼を受け止めよう。

アサミ「あなたはとても頑張ってるわ」

そう言って、彼の手に手を重ねて、やさしく撫でてみた。少しでも心が癒やされたらいいなと思って。

 

癒やしてあげたい

ジェントル「やっぱり僕、日本が合わないのかな」

アサミ「そう?」

ジェントル「海外での仕事ではこんな風にめんどくさいことはなかった」

アサミ「そうなのね」

ジェントル「いまの会社、辞めようかなぁ」

おっと、辞めたい! まぁ、彼はいくつも会社を渡り歩いているし、独立しても仕事がくるだろうから。

アサミ「それもいいかもね」

ジェントル「転職しようかな」

アサミ「いいんじゃない?」

 

ちょっとは甘えてくれてる?

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/250858/ )

その夜は、ひとしきり彼の愚痴に付き合った。ボスのこと、同僚のこと、クライアントのこと……。相当、溜まっていたのだろう。かなり感情的になって話していた。

私はただ、彼の考えに同意したり、なぐさめたりするしかできなかった。日本の企業に20数年も勤務している身としては、ボスや同僚の見解も非常に共感できなくはないけど。

でも、愚痴をこぼしてくれるのは心を許してくれているわけで。ある意味、私に甘えてくれているって受け取っていいのかな? 彼に甘えられるの、イヤじゃないな。むしろちょっとうれしいかも。

私が彼の愚痴を聞くことで、少しでも心がスッキリするならそれでいい。そう思って、ただただ彼の言葉にうなずいていた。それが正解なのか、間違いなのかはわからないけれど……。

 

運命の人と出会うには!?

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/250858/ )

運命の人は勝手にやってきません。自分で見つけるもの……。出会うためには何をしたらいいか? その紆余曲折を綴った【40代編集長の婚活記】が、書籍になりました! 絶賛、好評発売中です!

恋愛に不器用な40代独女が婚活でたどり着いた結論とは⁉ 運命の人をみつけたい人、必見です!!!

 

 

 

 

関連リンク

  • 10/6 8:00
  • OTONA SALONE

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます