アイナ・ジ・エンド 読書の秋にオススメの1冊を紹介

アイナ・ジ・エンドが、TOKYO FMのレギュラー番組に出演。コーナー開始から半年が経ち、改めて投稿を募っている企画を紹介しました。
(TOKYO FM「SCHOOL OF LOCK! アイナLOCKS!」10月4日(月)放送分)



今回紹介された企画(授業)は、
・さまざま表現にまつわるお悩みを共有する『表現の時間』
・「あ」「い」「う」「え」「お」から始まる言葉を考えて、それが自分にとってどういう存在なのかを一つずつ発表する『あいうえお哲学』(現在の募集は「な」行)
・おすすめの本当を紹介してリスナー(生徒)と本棚を作っていく『生徒と私の本棚』
・アイナを恋の相手に見立ててやり取りをシミュレーションする『恋のリハーサル授業“Fall in love with AiNA THE END in this Autmun”~この秋、アイナと恋~』
の4つです。そのなかから、『生徒と私の本棚』で取り上げられた本を紹介します。

◆『生徒と私の本棚』―アイナがオススメの本を紹介―

アイナ:これは、生徒ちゃんと私アイナの好きな本を集めて、本棚を作っていく授業です。これ、すっごい楽しいんだよね。今のところ本棚に並んでいるのは、まだ3冊だけ。私が紹介した大橋歩さんの『心の支えに』と爪切男さんの『死にたい夜にかぎって』。そして、(リスナー推薦の)中脇初枝さんの『きみはいい子』です。『きみはいい子』は教えてもらって読んだんやけど、本当に良かったです。

私も今日、1冊追加しようと思います。お気に入りの本を紹介させてください。ヨシタケシンスケさんの『あつかったら ぬげばいい』(白泉社)という絵本です。



これ絵も超かわいくて、手のひらサイズで読みやすい本なのよ。清掃員(アイナが所属するBiSHのファン)の方にいただいた本なんですけど、かわいいなと思ってサラッと読んでみたら超よくて。お気に入りになっています。いろいろいいところがあるんだけど、私がいちばん好きなのを1つ紹介させてください。

『太っちゃったら仲間を見つければいい』これやばくない?(笑)。

“太ったら”じゃなくて“太っちゃったら”っていうのもかわいいし、本当にそうだなって思う! 太るとかに限らず……例えば落ち込んでるときに、同じように落ち込んでる友達を見つけたら、なんとなくみんな一緒なんだなと思ったりするじゃん? 比喩みたいな感じで、その言葉をいろんな捉え方をして遊べるし、子供から大人まで、いろんな表現を考えられる。そんな一冊となっております。好きです。

読書の秋なので、そろそろ新しい本を本棚に追加したいなと思っています。小説・エッセイ・漫画など、おすすめの本を教えてください。私と生徒ちゃんで、いろんな本棚を作り上げて行けたらいいなと思っています。



アイナ・ジ・エンドへのメッセージは、「アイナ掲示板」まで。

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2021年10月12日(火)AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:SCHOOL OF LOCK!
パーソナリティ:こもり校長、ぺえ教頭
放送日時:月~木曜 22:00~23:55/金曜 22:00~22:55
番組Webサイト ⇒ https://www.tfm.co.jp/lock/

画像をもっと見る

関連リンク

  • 10/6 17:00
  • TOKYO FM+

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます