海老蔵「ねたみ、ひがみ、悔しい、よりちょっとしたことに幸せ感じて」

拡大画像を見る

 歌舞伎俳優・市川海老蔵(43)が「京都平安大使」に就任し、6日、京都・平安神宮で会見を行った。長女・市川ぼたん(本名・堀越麗禾)(10)、長男・堀越勸玄(8)とともに、11月6日に同所で特別公演を行う。

 コロナ禍で観光客が激減するなど大きなダメージを負っている京都。コロナ収束を願い、京都から文化を世界に発信し、盛り上げる“大使”に任命された海老蔵は「京都という日本の文化の中心を世界の方々に見ていただけたら」と抱負。

 「(コロナ禍の)こういう状況であっても、苦しまない思考を(大切に)。今は平等(な世の中)でございます。ねたみ、ひがみ、悔しいという感情よりも、ちょっとしたことに幸せを感じよう」と訴えた。自身は朝4時や5時に早起きし、自宅の近くを散歩したり、自転車に乗ることが「幸せ」と話した。

 11月の特別公演では、長女が舞踊「藤娘」を、長男が牛若丸を演じ、海老蔵と共演する素踊り「橘弁慶」を披露する。

 海老蔵は特に長女について「娘は女性であります。しかしながら彼女も(歌舞伎を)やりたい、ということで。今は男女平等でなければならない。女性であっても歌舞伎を踊る」と親として、娘の「挑戦」を見守り、応援する気持ちを伝えた。

関連リンク

  • 10/6 16:15
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます