古舘伊知郎、報ステ新キャスター・大越氏は「鋭かった」初回しっかり視聴

拡大画像を見る

 フリーアナの古舘伊知郎が6日、TBS・CBC系「ゴゴスマ~GoGo Smile」で、テレビ朝日系「報道ステーション」が大越健介氏に替わったことに、その印象を語った。

 番組では真鍋淑郎氏のノーベル物理学賞受賞のニュースを報じた。真鍋氏は地球温暖化についての研究が評価されての受賞だが、気候・気象に関する分野が物理学賞を受賞したことに、番組の気象担当の沢朋宏アナは、真鍋氏について「天の神様」と言うほど、気象界に影響を与えた人だと説明していた。

 古舘は報道ステーション時代に地球温暖化について取り上げたものの、当時は「07年08年、徹底的に特番くんだり警鐘を鳴らしたりしたが、当時は非難ごうごうだった」などと振り返っていた。

 その流れから石井亮次アナが「久しぶりに報道ステーションの話でましたが、キャスター替わりました。月曜から大越さん。ご覧に?」と質問。古舘は「1回目見たら鋭かった。質問して記者と無駄のないやり取り」と関心しきり。

 「俺、結構無駄がありましたから」というと石井アナも苦笑い。そして「やっぱり見るもんですね」と言うと、古舘も「ちょっと気になってね」と答えていた。

関連リンク

  • 10/6 16:13
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます