iPhone 13 Pro Maxをガチレビュー。カメラ性能とバッテリー駆動時間が凄かった

拡大画像を見る

―[デジタル四方山話]―

 iPhone 13シリーズが発売されて1週間あまりが経過。早めに予約した人の手にはぼちぼち届いていることだろう。筆者もiPhone 13 Pro Maxを購入。今回は、iPhone 13ってどう? と様子見している人に、実際に使用してみてわかったオススメポイントをお伝えしたい。

◆バッテリー駆動時間が長い&充電時間が短い

 iPhone 13シリーズはバッテリー駆動時間が長いことをウリにしているが、中でもiPhone 13 Pro Maxは最長となっている。スペック表ではビデオ再生は最大28時間、オーディオ再生が最大95時間。iPhone12 Pro Maxがそれぞれ最大20時間、最大80時間、iPhone 13 Proがそれぞれ最大22時間、最大75時間なので、なかなかのパワーアップだ。画面が大きいのに、使える時間が長くなっているのはありがたい。

 海外のテック系サイトではiPhoneを分解し、バッテリー性能を分析しているところがある。iPhone 13 Pro Maxのバッテリー容量は約4400mAhのようで、これはiPhone 12 Pro Maxの約2割増し。駆動時間が延びているのも納得だ。

 また、正式発表はされていないのだが、iPhone 13 Pro Maxの充電速度が早いという噂もある。iPhone 12 Pro MaxやiPhone 13 Proは最大22~23W程度だが、iPhone 13 Pro Maxは最大27W程度で充電できるというのだ。その分、充電時間が短くなるので、ありがたいところ。iPhone 13 Pro Maxユーザーは30Wの充電器を用意した方がよさそうだ。

◆マクロ撮影が可能になり、さらに望遠、さらにぶれない

 iPhone 13 Pro/Pro Maxのカメラはセンサーとレンズが新しくなり、サイズアップ。センサーはiPhone最大となる1.9μmピクセルで、広角カメラの明るさがf1.6から1.5に上がっている。今回はMaxだけでなく、普通のProもセンサーシフト式光学手ぶれ補正機能に対応した。

 光学ズームはiPhone 12 Proが2倍、iPhone 12 Pro Maxが2.5倍のところ、iPhone 13 Pro Maxは3倍。ズーム時にはやはり手ぶれが気になるが、手ぶれ補正機能によりきれいな写真が撮れるのはありがたい。スマホで手軽に望遠撮影ができるのは楽しい。

 マクロ撮影に対応したのも嬉しいところ。カメラを被写体に近づけると自動的にマクロモードに切り替わる。被写体には最近で2cmまで近づけるようだ。スマホで接写できるのはとても面白い。

 ただし、マクロ撮影では自動的に超広角カメラに切り替わるので、高性能な広角カメラで撮りたい場合に不便。現在は無効化する機能がないが、今後修正される予定だ。

◆動画を撮りたくなるシネマティックモード

「シネマティックモード」での動画撮影もすごい。iPhone 13シリーズの新機能となるが、iPhoneで撮った動画の奥行きを演出できるのが特徴。要はピントを手前に置いたり、奥に置いたりできるのだ。手前の人物が振り向いたらその方向に自動的にピントを合わせるといったことが可能。もちろん、手動で画面をタップしてピントを合わせることもできる。

 このピント合わせは大画面の方が操作しやすいし、閲覧しやすいのでMaxにぴったり。とは言え、後で編集することもできるので、画面サイズが小さいiPhone 13や13 miniはiOS 15を搭載したiPadなどに転送してピントを合わせるといいだろう。

 ちなみに、撮影する状況によっては、被写体の輪郭がぼけてしまったり、背景のぼけが不自然なこともある。しかし、特別な技術なしに、映画のような動画を撮れるのは嬉しいところだ。

◆iPhone 13 Pro Maxを買ったらケースかフィルムで保護しよう!

 iPhone 13 Pro Maxを手に入れ、犬と共に撮影にでかけたのだが、狂喜乱舞する2匹の柴犬に引きずられ、端末をコンクリートに落としてしまった。まだ、記事のための撮影をしていないので顔面蒼白になったが、微細な擦り傷で済んだ。しかし、当たり所が悪ければ、タフなiPhoneとはいえ壊れる時は壊れる。ケースや保護フィルムで護ることをオススメする。

 今回は保護ガラスを選んだのだが、筆者はフィルムを貼るのが下手で気泡が入りがち。そこで「はるピタZ」で手軽にきれいに貼れる「Simplism(シンプリズム)」(トリニティ)シリーズの「iPhone 13 Pro Max フルクリア 反射防止 画面保護強化ガラス」を購入した。価格は1870円(税込)。

 ガラスを乗せてシートを引っ張るだけできれいに貼れたので大満足。購入してすぐに貼っておくべきだった。

 サイズの大きいiPhone 13 Pro Maxを普段使いするには、スマホリングが便利。とは言え、貼り付けてしまうとMagSafeによる充電ができなくなってしまう。そこでオススメなのが、MagSafeで脱着できるスマホリングだ。筆者はプレートとリングを別々に購入したが、今は一体型でも安価な製品がたくさん登場している。

 iPhone 13 Pro Maxのカラバリはシエラブルーとシルバー、ゴールド、グラファイトの4色。価格は128GBモデルが13万4800円(税込)から。もちろん、安くない買い物だが、圧倒的に大満足。緊急事態宣言も解除されて、撮影に出かけられるようになった。映像センスのない筆者だが、どれだけ映画っぽい動画を撮れるのか楽しみだ。

<文/柳谷智宣>

―[デジタル四方山話]―

【柳谷智宣】
お酒を毎晩飲むため、20年前にIT・ビジネスライターとしてデビュー。酒好きが高じて、2011年に原価BARをオープン。2021年3月には、原価BAR三田本店をオープンした。新型コロナウイルス影響を補填すべく、原価BARオンライン「Wi杯」をスタート。YouTubeチャンネルも開設し生き残りに挑んでいる

関連リンク

  • 10/6 15:52
  • 日刊SPA!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます