坂上忍 ヘンリー王子夫妻NY訪問に非難殺到も「今回はかわいそうな気が」

拡大画像を見る

 フジテレビ系「バイキングMORE」が6日、チャリティーイベントに参加するため米ニューヨークを訪問したヘンリー王子とメーガン妃に批判が殺到していることを伝え、スタジオでは擁護する声も聞かれた。

 今回の批判の的は、メーガン妃が読み聞かせた絵本と同妃の服装、プライベートジェットの利用。ハーレム地区にある学校では、メーガン妃が絵本の読み聞かせに挑戦したが、その本はメーガン妃が6月に出版した「ザ・ベンチ」。3~4歳向けであるにも関わらず、11歳の児童たちに読み聞かせたという。

 また、英メディアによると、メーガン妃が身につけていたのは赤いカシミヤのコート約65万円、赤いパンツ約19万円、赤いパンプス約7万円など、合計約100万円。さらにニューヨークでのイベント後、カリフォルニアへの帰路でプライベートジェットを利用し「二酸化炭素を振りまいた」との非難も。2人が移動する際、国賓級の物々しい警備体制になっていたことも問題視された。

 MCの坂上忍に「このお2人は何をやっても注目されるから、多方面に気を配らなきゃいけませんよってことなんですかね」と聞かれた、テレビプロデューサーでタレントのデーブ・スペクターは「まして(ヘンリー王子は)エコのお説教とかしますので、ちょっとえらそうなこと言うから」と辛口。

 坂上が「僕は若干、今回はかわいそうな気がしないでもないんですけれども」と同情すると、お笑いタレント・カンニング竹山は「まあ何やってもこの人たちは文句言われるんだけど。でも王族から離れてるんでしょ。だから、それをご公務みたいな感じでこっちが勘違いして見るからダメなんですよね。キャンペーンでしょ、ただの」と冷静。

 元AKBの高橋みなみは「これだけ注目されてるってご本人たちもわかってると思うので、ある意味計算していろいろやればいいのになって。あえて突っ込みどころ与えてる感じはしますよね」と批判したが、おぎやはぎの矢作兼は「賢くはないよね、したたかではない」と評し、坂上は「確かに、したたかに褒められにいってないところが面白くもありますけどね」と、好感度を上げるための計算がないことには好意的だった。

関連リンク

  • 10/6 14:45
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます