田中圭、俳優デビューのきっかけに石原さとみ驚き「本当に!?」

拡大画像を見る

 俳優の田中圭が5日、『仰天ニュース4時間SP』(日本テレビ系)に出演し、オーディションを経て、俳優デビューした際のエピソードを披露。自身との思わぬ関連に、石原さとみから驚きの声があがった。

 この日、田中は今月29日公開の映画『そして、バトンは渡された』で共演した石原、永野芽郁と共にゲスト出演し、トークを繰り広げた。

 MCの中居正広から「いつくらい? 役者さんやってみようかなあって(思ったのは)」と聞かれた田中は「母親がオーディションに応募してて」と説明。そのオーディション自体には落ちたというが、「その審査員の方が後日連絡をくれて、『違う事務所でやってみないか?』ということで」と、現在の事務所に所属することになった経緯を語った。

 中居が「その落とした人、今どう思ってるんだろうね。外したところの事務所、どこだったか覚えてる?」と深堀りすると、田中は「覚えてますよ」と答え、石原を手で示しながら「ここの事務所」とコメント。

 今回の映画のみならず田中とこれまで何度も共演していた石原だったが、この話は知らなかったようで「ええっ!」と声をあげ、「ウソ! ホリプロ!? ちょっと本当に!?」と驚きの様子だった。

関連リンク

  • 10/6 11:53
  • クランクイン!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます