彼にもっと甘えたい♡ぶりっ子と思われない甘え方4選!

拡大画像を見る


彼にもっと甘えたいけど、正直どう甘えればいいのかわからない...なんて方は意外と多いもの。
甘え方を間違ってしまうと、ただのぶりっ子だと思われてしまう可能性もあります。この記事では、彼がメロメロになるような、とびっきりの甘え方を紹介!
是非参考にしてみてくださいね。


甘えた後はとことん照れる!

彼に甘える時や、甘えた後などはとにかくとことん恥ずかしがって照れる!というのがポイント。
やはり恥ずかしがっている女性の姿を見ると、男性はドキッとするものです。素直に「恥ずかしい...」「照れる」などと相手に伝えるのも効果的。
実際、彼に甘える時などは照れてしまう女性も多いですし、照れ隠しせずに素直に気持ちを前面に出してみてくださいね。


2人きりの時だけ甘える

甘えん坊な女性は可愛らしいですが、いつでもどこでもTPOをわきまえずに甘えるのはNGです。
男性も、人が見ているようなところで甘えられるのは困る...と感じている方が多いですし、どうしていいかわからなくなってしまいます。
普段は甘えん坊ではないけど、2人きりの時だけ甘えん坊になる方が特別感がありますし、男性もドキドキするでしょう。


じっと目を見つめて名前を呼ぶ

相手の目をじっと見つめるというのは、恋愛においてかなり重要なポイント。甘える時も、彼の目をじっと見つめるようにしてください。
ちょっと上目遣いをして、彼の名前を呼ぶと、彼はドキドキが止まらなくなり、メロメロになってしまうでしょう。
デート中など、ロマンチックな雰囲気になった時などにこの方法を使うのがおすすめです。


「キスして」などと素直に要求する

女性は恥ずかしがりやで、消極的な方が多いので自分がしてほしいことを彼になかなか伝えられない...と思っている方は多いもの。
ですが、彼と2人きりの時などは、思い切って自分がしてほしいことを彼に要求することが大切。
彼も、彼女から「キスして」「手繋ごう」などと素直におねだりされると、ドキドキしてしまうこと間違いなしです!


上手に甘えて彼をもっとメロメロにしよう!

男性は、彼女にはもっと甘えられたい!甘えてほしいと思っているもの。上手に彼に甘えて、今よりも更に彼をメロメロにしましょう!
素直に気持ちを伝えて、相手の目をじっと見つめることがポイント。最初は緊張するかもしれませんが、是非やってみてくださいね。
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 10/6 14:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます