道枝駿佑&目黒蓮「壁ドンはドキドキ、チクチク」 『消えた初恋』胸キュンシーン裏話告白

 なにわ男子/関西ジャニーズJr.の道枝駿佑とSnow Manの目黒蓮がダブル主演するドラマ『消えた初恋』(テレビ朝日系/10月9日より毎週土曜23時30分)の制作記者会見が開催され、道枝と目黒が話題の胸キュンシーンを再現。さらに壁ドンシーンの裏話を暴露した。

 アルコ作画、ひねくれ渡原作による同名人気漫画(集英社「別冊マーガレット」連載中)をドラマ化する本作は、勘違いから始まる高校生の恋と友情を描く青春物語。道枝がピュアで優しくちょっぴりおバカな青木役、目黒が恋愛に疎い硬派な井田役を演じ、2人のクラスメート役で福本莉子、鈴木仁が共演する。

 9日の初回放送を控え、ダブル主演の道枝、目黒に加え、福本、鈴木も登壇した制作発表記者会見。会見では、先行カットとして解禁され話題となっている“壁ドンシーン”を再現することに。そして、恥ずかしそうに道枝が目黒に壁ドンをすると、それを見ていた鈴木が、福本莉子に「じゃあ僕らは2人の心の声を実況しよう!」と提案。福本が道枝、鈴木が目黒の心の声を担当し、実況生中継し始めた。

 「こんな人前で!?」「近い…!」などノリノリの2人を、目黒は「心の声が的確(笑)」と大絶賛! 一方の道枝は「もう1回やる…?」という心の声に乗っかって、何度も壁ドンを繰り出すも、「いまだに慣れない、照れちゃいますね」とはにかんだ。すると福本が、「でも、心の声でムードぶち壊しだったね(笑)」とたたみ掛けるなど、早くもチームワーク抜群の4人で、和気あいあいとした掛け合いを披露した。

 会見ではさらに「撮影中に思わず“青春だなぁ”と感じたシーンは?」と質問を受けた道枝が、まっさきに壁ドンのシーンを挙げつつ、「井田(目黒)に壁ドンするんですけど、すごくキュンキュンしました。でも壁にパンチするカタチでの壁ドンだったので、壁の繊維みたいなのが拳に刺さってしまって、キュンキュンしながらチクチクしてもいました(笑)」と裏話を披露。すると目黒も「道枝くんに『大丈夫?』って尋ねながら触ったら、僕までチクチクしてきました(笑)」と暴露するなど、2人で胸キュンシーンを振り返った。

 そして道枝は、「毎週胸キュンしながらドキドキが高まっていくようなラブコメディーなので、本当にピュアな気持ちになれますし、恋愛のコミカルな部分も面白いと思うので、楽しみにしていただけたらと思います」、目黒は、「くすっと笑えたり、キュンキュンしたり、青春のキラキラが詰まった作品になっています。素直に人が人を好きになる素晴らしさが込められた作品だなと思うので、皆さんぜひキュンキュンしてください!」とそれぞれメッセージを寄せた。

 オシドラサタデー『消えた初恋』は、テレビ朝日系にて10月9日より毎週土曜23時30分放送。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 10/6 11:45
  • クランクイン!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます