モスのテリヤキバーガーに新作! 動物性食材不使用の「グリーンバーガー<テリヤキ>」

拡大画像を見る

こんにちは。シティリビング編集部のアスミコです。

モスバーガーといえば、バンズの代わりにレタスを使った「モスの菜摘(なつみ)」や、大豆由来の「ソイパティ」を使ったバーガーなど、豊富なヘルシーメニューが嬉しいところ。

今回は、9月22日に発売になったばかりの「グリーンバーガー<テリヤキ>」を食べてきました!

「グリーンバーガー<テリヤキ>」は新感覚のテリヤキバーガー


「グリーンバーガー<テリヤキ>」は、主要原材料に動物性食材を使用せず、さらに、五葷(ごくん ※仏教における臭気の強い、ネギ、ラッキョウ、ニラ、ニンニク、玉ねぎの5種の野菜のこと)を抜いた、野菜と穀物を主原料にした新感覚のテリヤキバーガー。

昨年登場し累計75万食を突破した「グリーンバーガー」の好評を得て、人気のテリヤキバーガーを“プラントベース化”して「グリーンバーガー<テリヤキ>」として新発売されました。

鮮やかなグリーンのベジタブルバンズで、たっぷりのレタス、ソイパティ、フレッシュなトマト、グリーンリーフが挟まれていて、見るからにヘルシー!

別添えのグリーンテリマヨソースをかけながらいただきます。

ソースの分量を自分で調整できるのはうれしいポイントですね。

グリーンバーガー専用のテリヤキソースは甘みがありながらもさっぱりとしています。グリーンマヨソースは、卵のかわりに枝豆を使用したほんのりグリーンのコク深いおいしさ。

ほうれん草ピューレと豆乳クリームが練りこまれたベジタブルバンズは、やさしい甘みがあとからじんわりやってきます。これバンズ単体でも絶対おいしいやつ!

ソイパティは、言われないと肉ではないことに気づかないと思います。違和感はまったくなく、しかもジューシー。

たっぷりのレタスがシャクシャクでみずみずしくて、もはやサラダを食べている感覚にすらなります。

かじりかけで追いソース! ソースの出し具合でマヨを多めにしてみたり、テリヤキソースを多めにしてみたりと、量だけでなく味わいも自分好みに微調整できるので、自分なりのベストバランスを探すのも楽しいです。

バーガーがヘルシーな分、オニオンリングも罪悪感なく食べられちゃいますね♪

10月13日(水)からはモデルの近藤千尋さんが登場する新CMも放映開始されるそう。要チェックです!

■モスバーガー「グリーンバーガー<テリヤキ>」(580円) https://www.mos.jp/menu/detail/011358/1/

関連リンク

  • 10/6 11:50
  • シティリビングWeb

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます