ドキドキさせたい♡意中の相手をドキッとさせるLINEテクニックって?

拡大画像を見る


片想いの相手を自分に夢中にさせるにはどうすれば良いんだろう?普通のLINEを繰り返してて進展はあるの?そう思って悩んでる人って結構多いですよね。今回は意中の相手をドキドキさせるLINEのテクニックをご紹介しますので、一緒に見ていきましょう!


ハートの絵文字を使う

ドキドキさせるLINEのテクニックとして、一番簡単なものはハートの絵文字を使うことです。ハートってなかなか男女間で頻繁に使う事って無いですよね?なので、何気ない会話のLINEでも、急にハートの絵文字が付いて送られてくるとドキッとするものなのです。
彼をドキッとさせたい内容の時に、ハートを付けて送ってみてはいかがでしょうか?ただ注意していただきたいのが、いくらドキドキさせたいからと言っても多用するのは避けた方が良いでしょう。
何度も送られてくると軽い人なのかと思われる可能性もありますし、相手がハートに慣れてしまってドキドキしなくなってしまいます。ハートを送る場合はタイミングを見て送るようにしましょう!


急に返信をやめてみる

ずっとやり取りをしていた相手が急に返信して来なくなったら気になったりしませんか?きっと「何か余計な事を言ったかな?」「嫌われてしまったのかな?」など色々と心配になりますよね。
意中の相手と頻繁に連絡を取り合っている仲なら、この手を使って上手に駆け引きしてみると相手はかなりドキドキする事でしょう。
注意点としては、この手を何度も使うと相手に悪い印象を抱かれてしまったり、自分には興味がないのかな?と思われてしまう可能性があるので使うのは程々にしましょうね。


夜中に急にLINEする

いつもは寝ていたりやり取りをしていない様な時間に、急にLINEが来てドキッとした事はありませんか?
特に夜中であれば「何かあったのかな?」って思いますし、急ぎの用事が無くても「寝る前に少しお話がしたくて」などが送られてくると、特別感を感じてドキドキしてしまいますよね♪
もし夜更かしが出来るのであれば、いつもと違う夜中にLINEしてみるはおすすめです!ただ注意していただきたいのは、送る時間帯が夜中なので相手が寝てしまっている可能性があるということです。
返信が来ないからといって、LINEをたくさん送ると寝ている相手を起こす可能性がありとても迷惑ですし、夜中にたくさんLINEを送ってくるなんて非常識な人だと思われてしまうので、送ったとしても1〜2通に留めておきましょう。


まとめ

いかがでしたか?LINEでドキドキさせるのって顔が見えないので結構難しく感じますが、コツを掴めば意外と簡単なんです♪今回ご紹介した事を参考にして、意中の彼をドキドキさせちゃってくださいね!
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 10/6 12:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます