絶品「漁師めし」が博多駅のホームで楽しめる! 「来進」が期間限定オープン

拡大画像を見る

 JR九州フードサービスは10月8日に、“地域と連携し九州を元気にしたい”との想いから、博多駅の5番6番乗り場に九州の魅力がつまった料理を提供するポップアップショップ第3弾「漁師めし 来進(らいしん)」を開店する。

 漁師めし 来進は、漁師の夫が地元の海で捕ってきた天然真鯛を、妻と娘がさまざまにアレンジして提供する、というコンセプト。真鯛の漬けを乗せたごはんに素焼きして干した鯛のいりこでとった出汁をかけて食べる「鯛茶漬け」(価格は大:1300円、中:1000円、小:700円)や、揚げたての鯛フライをサンドした「鯛バーガー」(700円)など、漁師ならではの新鮮な“漁師めし”を用意している。
 営業期間は10月8日~12月31日で、営業時間は10時~20時。定休日は日曜日。なお、JR博多駅のホーム内なので、来店にはJR券またはJR入場券が必要。

関連リンク

  • 10/6 11:30
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます