「街コン」での出会いをモノにする行動9パターン

日本全国で開かれている「街コン」。たくさんの人と同時に出会える機会ではありますが、コツを押さえておかないと「ただ行っただけ」で、出会いにつながらないことも…。そこで今回は、『オトメスゴレン』女性読者へのアンケートを参考に「『街コン』での出会いをモノにする行動」をご紹介します。

【1】はっきり「また会いたい」と伝えて連絡先を交換する
「ただ連絡先を交換するだけだと、どういうテンションかわからない」(20代女性)など、完全な初対面での出会いをモノにするには、多少強めのアプローチが必要とされるようです。その日のうちにすぐ連絡するなど、積極的に行動を起こすことも結果を左右するでしょう。

【2】その場ではガツガツしすぎず、後日きちんとデートに誘う
「その場の勢いで来られても信用できない」(20代女性)など、街コン会場でアプローチをしても、「遊び目的の男性」と思われる恐れがあるようです。本気でつき合いたい女性には、街コン終了後に日を改めてデートの約束を取り付けましょう。

【3】移動中でも「いいな」と思ったら声をかける
「お店の中で会える人は限られてる」(20代女性)など、偶然の出会いに賭ける「街コン」のシステム上、いいなと思った相手にはお店の外でも声をかける勇気が必要なようです。「ゆっくり話したいから、一緒に次のお店行かない?」などと誘うと、OKしてくれる女性もいるのではないでしょうか。

【4】酔わない程度にお酒を飲む
「酔っぱらいも困るけど、全然飲まない相手とも打ち解けられない」(20代女性)など、初対面の相手と楽しく会話するために、多少のお酒が必要だと考える女性もいるようです。酔わないよう警戒してソフトドリンクばかり飲むのではなく、乾杯くらいはお酒を飲んで、フランクに話せる環境づくりをしましょう。

【5】彼女がいないことは早めに告知する
「楽しく話せても、実は彼女がいるかもしれないし…」(20代女性)など、相手の状況がわからないと、盛り上がりきれないと考える女性もいるようです。「彼女を探しにきた」など、早めに告知しておくと、女性の真剣味も増すのではないでしょうか。

【6】名前以外の自己紹介タイムは短めにする
「短時間で何度も自己紹介するから、だんだん飽きてくる(苦笑)」(20代女性)など、特に後半は、移動するたび自己紹介をすることに疲れている女性もいるようです。名前と年齢、職業程度で自己紹介は終え、あとはトーク力で勝負したほうがいいかもしれません。

【7】だれかれ構わずアプローチしない
「いろんな人に声かけてる人を見ると、軽薄そうって思っちゃう」(20代女性)など、街コンという出会いの場であっても、あまりに節操なく声をかけていると敬遠されてしまうようです。本当に「いいな」と思った女性にだけ注力するようにしましょう。

【8】お酒の注文役など面倒を買って出る
「もてなしてもらえるとやっぱり気分がいい」(20代女性)など、小さな面倒を買って出てくれる男性に、好感を抱く女性もいるようです。セルフサービスのお店などでは、料理をとったり、お酒をついだりしてポイントアップをはかりましょう。

【9】二次会会場のアタリをつけておく
「二次会に誘われても、スムーズに行けないと冷める」(20代女性)など、土地勘がない場所で二次会のお店を決めるのは至難の業。近場から埋まってしまうため、モタモタしているとチャンスを逃すことにもなりかねません。うまくいったときのことも考えて、二次会の会場を調べておくといいでしょう。

ほかにも「街コンではこんな行動が吉!」というエピソードがあれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(小倉志郎)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 10/6 11:00
  • スゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます