ユヴェントスがディバラとの新契約締結に近づく…11月にも合意を発表へ

拡大画像を見る

 ユヴェントスは、アルゼンチン代表FWパウロ・ディバラと新契約を結ぶことで合意に近づいているようだ。5日、イタリアメディア『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』が報じている。

 ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドがクラブを去り、再びユヴェントスの中心選手としての活躍に大きな期待がかかるディバラ。今季は直近の試合をケガで欠場しながらも、セリエAとチャンピオンズリーグの合計で6試合に出場し3ゴール2アシストという成績を残している。クラブはそんなディバラと新契約の締結で合意に近づいているようだ。

 報道によると、ディバラの新契約は年俸800〜900万ユーロ(約10億3,000万〜11億6,000万円)の間で基本合意に達している模様。現在はユヴェントスとディバラ側がボーナスの詳細については交渉しているものの、こちらも合意が近づいており、両者は11月のインターナショナル・マッチウィークまでの契約締結を目指しているという。

関連リンク

  • 10/6 10:59
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます