六甲高山植物園にて「原種シクラメンとダイヤモンドリリー展」が開催中!


六甲山観光が六甲山上で運営を行う六甲高山植物園では、10月2日(土)~11月23日(火・祝)の期間で「原種シクラメンとダイヤモンドリリー展」を開催中だ。

鉢植え展示や苗の販売を実施

園芸植物としてよく知られる「シクラメン」の原種と、


花弁がキラキラと輝くことからダイヤモンドリリーと呼ばれる「ネリネ」は、どちらも同園の秋を彩る人気の植物だ。

「原種シクラメンとダイヤモンドリリー展」では、シクラメンの原種「シクラメン・ヘデリフォリウム」約500株の群落のほか、原種シクラメンとダイヤモンドリリーの鉢植えを展示する。また、原種シクラメンとダイヤモンドリリーの苗販売も行う。

園芸研究家による特別園内ガイドも

また、10月17日(日)には、園芸研究家・横山直樹氏による特別園内ガイド「原種シクラメンの栽培と華麗なるダイヤモンドリリーの世界」も実施。料金は、「シクラメン・ヘデリフォリウム」の苗が付いて1,000円。定員は30名で、電話・六甲高山植物園HPにて予約受付中だ。

【六甲高山植物園 営業概要】
■開園期間:~11月23日(火・祝) 期間中無休
■開園時間:10:00~17:00(16:30受付終了) ※10月16日(土)~「夜の紅葉散策」実施時は延長営業あり
■入園料:大人(中学生以上)700円/小人(4歳~小学生)350円
■駐車料金:平日500円、土日祝1,000円
※新型コロナウイルス感染症の影響により、営業・イベントの内容を変更・中止する場合がある

画像をもっと見る

  • 10/6 10:53
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます