AnkerがAndroid TV 10.0搭載のメディアストリーミング端末「Nebula 4K Streaming Dongle」を発売

拡大画像を見る

アンカー・ジャパンは10月6日、プロジェクターブランド「Nebula」から初となるメディアストリーミング端末「Nebula 4K Streaming Dongle」を発売しました。価格は8980円(税込)で、Amazonでは初回セールとして300台限定で7980円(税込)で販売します。

HDMIケーブルでテレビに接続し、Wi-Fiに接続して映像コンテンツをストリーミング再生するメディアストリーミング端末。OSにAndroid TV 10.0を搭載し、YouTubeやAmazon Prime Video、Netflix、Hulu、Disney+、TVer、ABEMA、DAZNといった対応アプリをインストールしてコンテンツを再生できる他、Chromecastによるスマートフォンやタブレットからのキャスト、Googleアシスタントに対応します。

4K 75fpsの高解像度出力、UltraHD、HDRに対応。Dolby Digital Plusの迫力あるサウンド再生に対応します。

Nebula 4K Streaming Dongle仕様
サイズ:約5.6×5.6×1.5cm
重さ:約37g(本体のみ)
ビデオコード:HDR 10
対応機能:Google アシスタント/Chromecast
OS:Android TV 10.0
Bluetooth:Bluetooth 5
RAM:2GB
ROM:8GB
音響テクノロジー:Dolby Digital Plus
入力端⼦:HDMI 2.1(付属ケーブル使⽤時) 、Micro USB (本体への給電)
パッケージ内容:Nebula 4K Streaming Dongle、リモコン(単4形電池×2) 、USB充電器、Micro USBケーブル、HDMI to micro-HDMI ケーブル、クイックスタートガイド
注意事項:
– 4K、HDR、Dolby Digital Plus でお楽しみいただくには、それぞれに対応した映像機器が必要です。
– ファームウェアは常に最新の状態にアップデートしてご使用ください

関連リンク

  • 10/6 10:00
  • ガジェット通信

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます