北山宏光の時代が来た!「ただリコ」から「正義の天秤」へ演技の振り幅がスゴすぎる

拡大画像を見る

 放送中の亀梨和也主演ドラマ「正義の天秤」(NHK)で元ニートのゲームオタク弁護士・杉村徹平を好演しているKis-My-Ft2の北山宏光。他人とかかわることが怖かった過去を持つからこそ、現在はかたくなに心を閉ざした人物の懐に飛び込むことができる、優しく穏やかなキャラクターを演じている。

 北山と言えば、9月29日深夜に最終回を迎えた主演ドラマ「ただリコ」こと「ただ離婚してないだけ」(テレビ東京系)で演じた、出来心で始めた不貞相手をつい殺害し、そのことを嗅ぎつけたガールズバーの経営者をなりゆきで監禁する、誰の隣にもいそうな、普通に見えるけれど実は非道キャラの柿野を怪演。最終回では、柿野の心の闇に差し込むわずかな希望の光を見事に表現。その演技力の高さが話題になっていた。

「その4日前にスタートしたのが『正義の天秤』で、こちらでは優しそうな笑顔でひきこもりの青年の心の扉を叩き続ける杉村弁護士を演じていたため、ネット上では『北山の振り幅がスゴすぎる!』『「ただリコ」の柿野と「正義の天秤」の杉村。同一人物が演じてるキャラとは思えない』『演技の上手いジャニーズと言えば風間俊介とか重岡大毅とか言われてたけど、北山宏光の時代が来た』など、北山の演技力の高さを再確認した人が続出したようです」(女性誌記者)

 9月30日放送の「プレバト!!3時間スペシャル」(TBS系)では「スマホ死す 画面に浮かぶ 指紋と月」という名俳句を詠み、「俳句王」として優勝してみせた。

 この秋は北山から目が離せない。

関連リンク

  • 10/6 10:15
  • アサジョ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます