ブリトニー・スピアーズ、父親からの解放を支持したファンに感激し「昨夜は2時間泣いた」

拡大画像を見る

ブリトニー・スピアーズが現地時間4日に自身のSNSを更新し、彼女の後見人制度からの解放を求める「#FreeBritney」キャンペーンを行ってきたファンにメッセージを送った。

現地時間9月29日には、ロサンゼルス高等裁判所でブリトニーの後見人制度をめぐる審理が行われ、父親ジェイミー・スピアーズさんを後見人から外すことに判事が同意した。これによりブリトニーは13年間に及ぶ父親からの支配から逃れ、ようやく自由を手に入れることとなったのである。

ブリトニーは投稿で「言葉がないわ。私を後見人から解放してくれた皆さんが、困難にも負けず、絶え間なく声をあげてくれたおかげです」と述べ、「今、私の人生は解放に向けて進んでいます。昨夜は2時間も泣いてしまった。だって私のファンは最高だということが分かっているから」とファンへの感謝を伝えた。

さらに「私はみんなのハートを感じている。あなた方も私のハートを感じるはずよ。それだけは本当だと思ってる!!!!!」と追記した。

フォロワーからはさっそく「愛してる、ブリトニー!」との返信が多数寄せられると同時に、彼女をサポートするコメントで溢れ返った。

「あなたをとても誇りに思う。みんなそう思ってるわよ! あなたは最強の女性で、世界を得ることに値するのだから。」
「とても幸せそうね。なんだか、2004年当時のブリトニーに戻ったみたい。」
「僕たちは何よりもブリトニーを愛しているし、永遠に支持する。君は、僕がどうしようもなかった時に助けてくれた。どれほど感謝してもしきれないってことを知ってほしい。僕やみんなの光であるブリトニーは、今こそ自分の人生を生きる時なんだ。」

この投稿からわずか1時間後、ブリトニーは自身のInstagramで赤いビキニのショーツとブーツを履き、トップレスで歩く後ろ姿を公開している。

するとフォロワーからは「自分の人生を生きるのよ!」「自由の女王!」「これで決まり。突き進むんだ!」と彼女を応援するコメントが寄せられた。

ブリトニーは父親が後見人から外れることが決定した翌日にも、婚約者サム・アスガリさん(27)と過ごす休暇先でのヌード写真を公開していた。多くのファンが「君は自由だ!」と支持したものの、父親の監視からの解放が決まったとたんに過激な行動を再開したかのような姿を心配する声もあがっていた。

画像は『Britney Spears 2021年9月25日付Instagram「These pics look like my high school yearbook pics」、2021年10月4日付Instagram「Pssss you heard me … kiss it !!!」』『Britney Spears 2021年10月4日付Twitter「#FreeBritney movement …」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

関連リンク

  • 10/6 10:04
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます