マギーが服を前後逆に着た理由は何!?胸元見せすぎショットの“真意”

拡大画像を見る

 モデルでタレントのマギーが9月26日、変わった着こなしの写真を公開。物議を醸しているという。

 マギーが身につけているのはネイビーの長袖ニットとグレーのズボン。注目を集めたのはニット。本来は背中が空いているニットだが、あえて前後逆にして、開いている部分を前にして着たという。

「こうすることで背中の代わりに胸元の肌が大胆に見えています。バストのふくらみの上半分ほどがあらわになっていて、胸の渓谷もしっかり見える。マギーはモデルということもあって肌見せの多いおしゃれな衣装を着た写真をよく公開していますが、今回はその中でも特に“艶度”が高いといっていいでしょう」(週刊誌記者)

 コメント欄はおしゃれだという意見と並んで“目のやり場に困る”“艶っぽい”といった意味の声も。ただ、やはり気になるのはなぜ前後逆に着たのか、だ。

「やはり背中より胸元を見せたかったと考えるのが自然です。マギーは大きな胸ではありません。それでも胸を見せたかったということは、サイズアップしたのかも、なんて想像してしまいますね。そう思ってみると、何だか、胸の渓谷がしっかり刻まれていますし、気持ち胸のふくらみが大きくなったように感じます」(前出・週刊誌記者)

 マギーのバストが、大きくなっているのかどうかに、今後、ファンの注目が集まりそうだ。

関連リンク

  • 10/6 9:58
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます