「エリエール」のティッシュが6年ぶりにリニューアル! 柔軟剤プラスで柔らかさが1.3倍に

拡大画像を見る

 大王製紙は10月1日に、フラッグシップ商品「エリエールティシュー」の品質を改良して、柔軟仕上げのさらに柔らかな肌ざわりにリニューアルして発売した。価格はオープン。

 今回のリニューアルでは、従来の柔軟剤の処方を改良し、パルプ表面への定着率を向上させている。自然由来で独自の柔軟成分が繊維の間に入り込み、たっぷり空気が含まれることで、繊維1本1本がふわっと軟らかく仕上がっている。
 同社製品のうち、柔軟剤を配合していない「i:na(イーナ)ティシュー」と比較すると、柔らかさは1.3倍に達し、表面がきめ細やかでなめらかな肌ざわりが心地よく、肌への安心感を実感できる。
 さらに、デザイナーの佐藤卓氏によるパッケージデザインを刷新し、伝統の紫陽花デザインは引き継ぎつつ、柔らかな印象を強調する上向きの円弧デザインとインテリアになじみやすい英字ロゴを採用、より洗練された装いとなっている。

関連リンク

  • 10/6 8:00
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます