あのBTSと共演も! ペク先生の「豚バラ賛歌~韓国のおいしいを探訪~」の気分で、おうちで韓国料理を作ってみよう

韓国で大人気の料理研究家ペク・ジョンウォン先生をご存じですか? Netflixオリジナル作品として、話題になっている『豚バラ賛歌~韓国のおいしいを探訪~』をはじめ、「走れバンタン」ではあのBTSと共演していたりするのでご存じの方も多いと思います。

ペク先生の番組を見ていると、辛くて美味しい「韓国料理」が食べたくなりますよね。

そこで今回は、おうちで世界旅行韓国編ということで、豚バラを使ったサムギョプサルやポッサムなど、豚バラ愛に溢れたレシピと野菜不足も解消できちゃうおうちで作れる「韓国料理」レシピをご紹介したいと思います。


◆本場の味!サムギョプサル
巷で話題の「ペク先生の豚バラ賛歌」でもお馴染みの豚バラを使った韓国料理の代表格「サムギョプサル」。じっくり焼いた豚バラ肉とキムチを葉っぱで巻いて、ああ美味しい!大葉やエゴマ、サンチュにサラダなどクルクル巻いて召し上がれ。



◆チャプチェ
焼き肉のたれで作るので味付けの失敗もなく簡単に作ることが出来るチャプチェは、辛いスンドゥブの副菜にもピッタリです。具沢山で野菜不足も補えますよ。



◆チーズINハットグ
SNSでも大人気で一世を風靡したチーズ入りのハットグが、なんとおうちでも作れちゃいます!ホットケーキミックスで作るので、難しいこと抜きでとっても簡単。お子さんのおやつにも喜ばれる簡単レシピです。



◆プルコギ
牛コマ肉を緑のニラや赤ピーマンと甘辛いタレで炒めたプルコギは日頃の野菜不足を一気に解消できる万能炒め。白いご飯にもぴったりでお弁当にも良いですよ。副菜にはキムチを乗せたキムチ奴を合わせれば晩御飯の完成です!市販の焼肉のたれを使うとさらに時短で味付けの失敗もなく作れちゃいますよ。



◆簡単トッポギ風
韓国の細長いお餅「トッポギ」を買わなくても切り餅を代用して作れます。このレシピを覚えておけばお正月のお餅に飽きてしまった時の味変にも役立ちます。



◆ヤンニョムチキン
「愛の不時着」や「最高のチキン」など話題の韓国ドラマにも登場し、そのたびに私たちのお腹がぐーとなり、心を鷲掴みにされるあのチキンがおうちでも作れます。市販の唐揚げに甘辛味噌を絡めても良いですね。



◆ポッサム
豚バラ肉の塊を柔らかくゆでて、オリジナルのみそをつけて頂く「ポッサム」は、大葉やサンチュを巻いていただくので思ったよりもあっさり、そして野菜不足も解消できます。茹でぶたの煮汁はスープに使えます!ワカメやネギを入れたスープとポッサムで、一度で二品いっぺんに完成しちゃうありがたいレシピです。



◆スンドゥブチゲ
韓国語でチゲは鍋、スンドゥブは豆腐を意味するこちらの鍋は、キムチの辛味とアサリの出汁が体に染み渡るこれからの季節にぴったりの一品です。大きな土鍋でも作れます。締めにはご飯を入れて雑炊にしたり、辛ラーメンで〆たりしても美味しいですよ。



◆韓国風甘辛豚すき焼き(チョンゴル)
韓国にはまだまだお鍋の種類がたくさんありますよ。こちらの体が温まる韓国風の豚すき焼きは、白いご飯にピッタリ。寒くなったら是非食べてみて頂きたい甘辛鍋は、トッポギやうどんを入れてボリュームアップしても美味しいですよ。



◆豚ジャガコチュジャン炒め
韓国風のコチュジャンで炒めた肉じゃがは、豚バラの甘みとホクホクのジャガイモがコチュジャンの甘辛味噌になじんでとっても美味しい!こちらも白いご飯にピッタリのメインになるおかずレシピです。



お腹がすいてきましたよね。
秋の夜長はおうちで韓国ドラマを見ながら韓国料理に舌鼓はいかがでしょうか。
これから寒くなると辛い食べ物がより美味しくなりますよね。
韓国料理で心も体もぽかぽかになっちゃいましょう!

画像をもっと見る

関連リンク

  • 10/6 8:00
  • E・レシピ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます