『水曜日のダウンタウン』ガチンコ不仲『おぼん・こぼん THE FINAL』は永久保存版「伝説級」評価も…“ゲスすぎ”クロちゃんと並び「視聴率全く取れない説」!

拡大画像を見る

 10月6日の『水曜日のダウンタウン』(TBS系)で、ベテラン漫才コンビ、おぼん・こぼんの企画『おぼん・こぼん THE FINAL』が放送される。

『水曜日のダウンタウン』では、2019年3月放送回で検証された『芸人解散ドッキリ、師匠クラスの方が切ない説』で、漫才協会のナイツが仕切り役、おぼん(72)が仕掛け人となって、こぼん(72)に解散ドッキリを敢行。

 このとき、あまりの不仲からおぼんとこぼんの口論に発展し、本気で解散しかけた上、こぼんが「しゃれになるドッキリとならんドッキリがあるで」と言い放ち、ナイツにおしぼりを投げつけるシーンが放送されるという、バラエティ番組らしからぬ壮絶な幕切れとなった。

 この放送がきっかけでおぼん・こぼんの不仲が世間から一気に注目されることとなり、2人の仲直りに向けた企画が始動。2019年7月放送回では『おぼん・こぼんでも催眠術さえあれば仲直りできる説』と題して、催眠術を使っての関係修復を試みたものの、あえなく失敗に終わっていた。

「番組では催眠術企画以降も計画を続行していたようですが、コロナの影響もあって、2年ほどおぼん・こぼん企画は放送されていませんでした。しかし、今年9月29日放送回で、ついに企画が再始動。『おぼん・こぼんヒストリー』と題したコンビの歩みを記録したVTRを2人に視聴させる様子や、2人の不仲の原因となった事件をナイツが証言するというVTRを放送。

 そして、ついに10月6日には、『おぼん・こぼん THE FINAL』として、こぼんの娘の結婚式におぼん・こぼんの2人がやってくるのか、いよいよ関係修復となるのか、その結果が放送されることが予告されています」(テレビ誌ライター)

■FINALには「伝説回間違いなし」の声も

 お笑い界を牽引するダウンタウンの人気番組で2週にわたって放送されるほど大注目で、しかし、その関係は全く修復しないおぼん・こぼんの不仲。2人の関係について、漫才協会関係者はこう話す。

「9月29日放送の『水曜日のダウンタウン』でも触れられていましたが、元々おぼん・こぼん師匠は同じ高校の同級生で大の仲良し。かつては浅草・東洋館での舞台終わりに2人揃って後輩を引き連れて飲みに行く光景も見られました。

 ただ、近年は深刻な不仲になってしまい、漫才協会では2人の仲の悪さを知らない人はいません。ナイツも当然、おぼん・こぼん師匠の深刻な不仲は知っていたので、最初は『水曜日のダウンタウン』で2人をイジるような企画をやるとより事態が悪化するのではないかと、心底嫌がっていました。ナイツの懸念は的中し、実際、最初の解散ドッキリのせいで、本当に解散しかけた上、以前にも増して2人の仲が悪くなってしまいました。

 こぼん師匠は口数が少ないんですが、おしゃべりのおぼん師匠が自身のことだけでなく、日頃から人の悪口を言いまくっていることが本当に嫌みたいですね……」

 深刻な不仲にあるおぼん・こぼんの仲直り企画も、10月6日の放送でついに最後となる。お笑いプロ関係者は話す。

「どうやら、『おぼん・こぼん THE FINAL』は本当に伝説回のようですよ。すごい内容のようで、これまでもおぼん・こぼんさんの企画は大注目を集めてきましたが、今回はいつも以上に話題になるかもしれません」

■伝説級の回でも視聴率は微妙?

 前出のお笑いプロ関係者は続ける。

「ただ、企画は注目されるでしょうが、数字面ではあまり期待できないかもしれませんね。というのも、9月29日の放送も、ネットニュースに数多く取り上げられるなど話題性はものすごくて、放送内容も“伝説級”と称される声もあったものの、視聴率は世帯で5.6%。コアが3.5%という数字にとどまっています。その前の週、9月22日には世帯6.5%、コアが4.7%を記録しているため、特にコア視聴率ではがっつり数字を落としてしまっているんですよね」

 話題性は抜群でも、視聴率は微妙というズレ。これには、おぼん・こぼんのキャリアも関係しているようだ。

「おぼん・こぼんさんの2人は、1980年に当時の人気番組『お笑いスター誕生!!』(日本テレビ系)で10週勝ち抜きグランプリに輝くなど、中高年層への知名度はかなり高い。その一方でコア視聴率の対象となる13歳から49歳までの若年層には、番組の企画で話題になったとはいえ、“おぼん・こぼん”の知名度は低く、影響力も小さい。それがコア視聴率の下落につながっているようですね」(前同)

『水曜日のダウンタウン』では、おぼん・こぼん企画以外でも抜群の話題性がありながら、視聴率につながらなかった企画があるという。

「安田大サーカスのクロちゃん(44)の企画ですよ。クロちゃんはもはや番組を象徴する存在になっていますし、何かある度に大きな注目を集めます。しかし、視聴率で見ると、2018年秋に行なわれたクロちゃんメインの企画『モンスターハウス』では、視聴率が通常回より2%ほど下がる現象が起きました。

 クロちゃんといえば、ゲスな行動や人の気分を害するような行動や言動がウケていますが、これに嫌悪感を抱く人も少なくないため、視聴率が取れない。特に女性は、“生理的にNG”と彼が画面に出るとチャンネルを変えてしまう人もいるといいますね」(同)

 クロちゃんにせよ、おぼん・こぼんにせよ『話題性の高い説ほど視聴率が取れない説』が検証される必要はあるかもしれないが、おぼん・こぼん企画の最終回がどんな内容になるのか、目が離せない!

関連リンク

  • 10/6 8:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます