「打ち切り危機」TBS『ひるおび』、八代英輝弁護士「舌禍事件」に続き大異変!「悪評」恵俊彰の後輩「さん付け」騒動!!

拡大画像を見る

 TBSの安住紳一郎アナウンサー(48)と俳優の香川照之(55)がMCを務める朝の情報番組『THE TIME,』(月~金曜午前5時20分)が、10月1日よりスタート。

 初回放送の世帯視聴率が6.5%(すべてビデオリサーチ調べ、関東地区)、個人視聴率3.4%を記録し、好発進を切ったことが明らかになった。

「TBSが社運を賭けていると言われる『THETIME,』ですが、さすがスーパーエースの安住アナと売れっ子実力派俳優の香川さんのコンビ。見事な取り回しで一気に視聴者の興味を引きつけましたよね。2回目で数字は落ち着きましたが、今後、徐々に上がっていくでしょう。

 一方、今ピンチを迎えている番組があります。それが、恵俊彰さん(56)がMCを務めている『ひるおび!』(月~金曜午前10時25分)ですよね」(制作会社関係者)

『ひるおび!』といえば、9月10日の番組内で八代英輝弁護士(57)の「共産党は“暴力的な革命”というものを、党の要綱として廃止していませんから」という発言が物議を醸したことも記憶に新しい。

 悪質なデマだということで日本共産党は即刻、TBSに抗議。これを受けてTBSは9月13日の番組内で謝罪。翌14日と15日には『ひるおび!』スポンサーだった食品メーカーがCMを見合わせたことも明らかになった。

「八代弁護士も謝罪しましたが、この一件がきっかけとなり、『ひるおび!』が打ち切りになるのではないか、と報じるメディアも複数ありました。ただ、TBSサイドは以前から『ひるおび!』を切りたがっていたと言われていますね」(前同)

『ひるおび!』の平均視聴率は、2020年まで9年連続で同時間帯のトップを維持している。にもかかわらず、TBSが番組を打ち切りにしたがっていた理由とは――。

■恵俊彰の司会ぶりに「不快」の声も

 前出の制作会社関係者が続ける。

「テレビ各局は広告収入に直結する13~49歳のコア視聴率を重要視しています。『ひるおび!』は世帯視聴率はよくてもコア視聴率は全然振るわないんです。芸能、エンタメ情報を取り扱えば多少改善するのでしょうが、恵さんが芸能情報をやりたがらないとも言われています。

 それに、恵さんの司会ぶりに対して“偉そうだ”と感じる視聴者も少なくないそうなんです」

 ネットには「恵さん、長年『ひるおび』やってるだけあって番組の進行、仕切り、コメンテーターの発言意図の理解、説明等、MCとしての能力は評価出来ると思います。ただ、オーバジェスチャー、局アナをあごで使うような態度、一部のコメンテーターいじめは観てて不快ですが」といった、恵が偉そうにしているように見える、という声が複数ある。

「コメンテーターの話を聞かないまま次の話題にいったりすることもたまにあります。ただ、それは生放送で時間配分など、いろいろと気を配らなければならないからという理由もあるでしょう。しかし、確かに以前から恵さんの司会ぶりにはネガティブな声もあった。

 さらに、ここにきて、火曜コメンテーターとして出演しているバービーさん(37)のことを、これまでは事務所の後輩ということもあり“バービー”と呼び捨てしていたのに、夏頃から“バービーさん”と“さん”付けで呼ぶようになった、ということもありますね」(前同)

■クレームきっかけでバービー&しょこたんを「さん付け」するように

 バービーは恵と同じ事務所に所属している。そのため、恵が直属の後輩であるバービーを呼び捨てするのは何も問題はなさそうだが。

「それが、一部視聴者から“男性コメンテーターの大谷昭宏さんは『さん』付けなのに、バービーが呼び捨てなのはおかしい”というクレームが入ったようなんです。それで、少しでも視聴者から不満が出ないように急きょ、“バービーさん”と呼ぶようになったそうです。

 ただ、急な変わりように違和感を覚えた視聴者もいたみたいですね。また、最近も同じ事務所の後輩・中川翔子さん(36)に対して、“しょこたんは後輩ですが『中川さん』と呼びます”と決めたようで、それを実践していますよね。

 これまで番組は好調だったから、そういったクレームも気にしなかったのかもしれませんが、番組の看板である恵さんの耳にまでそんな細かなクレームが伝わるというのは、番組と恵さんのパワーがダウンしているということでしょうね」(前出の制作会社関係者)

 民放キー局ディレクターはこう話す。

「これまでもTBS内ではたびたび、“『ひるおび!』をどうにかしないと”という話は持ち上がっていたといいます。ただ、今年3月に『ラヴィット!』(TBS系)が始まり、そのあまりにもヒドい視聴率に“『ひるおび!』どころではない”となっていた。

 さらに、春から秋にかけてはTBSが社運を賭けている『THE TIME,』の準備が進められていた。なかなか『ひるおび!』の改革に手が回らない状況が続いていたといいます。ただ、ここにきて八代弁護士の問題発言や視聴者からのクレームなどもあり、番組に問題が噴出。

 また、『ラヴィット!』はいまだに低空飛行ですが、『THE TIME,』の好発進を受けて数字が上がる可能性も出てきている。つまりTBSの朝に光明が見えてきているんです。これでようやく、ここ数年の懸念材料だった『ひるおび!』にも大きなメスが入るのかもしれませんね……」

 問題噴出の『ひるおび!』だが、来年春の改編期を乗り越えることはできるのだろうか!?

関連リンク

  • 10/6 7:40
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

8
  • ここでも書きます。共産党は党の綱領に暴力革命など書いてないと抗議しているが、暴力革命を完全に否定していないため、公安調査庁の監視調査団体となっています。八代弁護士が伝えたかったのはこの事実。

  • 指摘されたことに腹を立てる。八代弁護士に手を出しても可笑しくない。

  • タイラン

    10/7 17:55

    同じ時間帯8チャンネルのMCの方が自分の意見に従わないやつはあからさまな態度。高市早苗さんに対する態度は最悪。八潮弁護士の発言事実です。共産党は警官殺し、暴力革命をまだ捨ててない。法律守らないアカだ。

記事の無断転載を禁じます