ダウンタウン松本人志、TBS『お笑いの日』「史上最高」大成功で見えた「お笑い界アベンジャーズ」計画

拡大画像を見る

「2021年の『キングオブコント』はまさに過去最高、というレベルの高さ。優勝した空気階段も、これから激売れすることは必至ですね。多くの人の心に残る、歴史的なイベントになったのではないでしょうか」(専門誌ライター)

 10月2日にTBSで放送され、『キングオブコント』で締めくくられた8時間生放送の超大型特番『お笑いの日』。総合司会をダウンタウンの2人が務めることで、事前から大いに盛り上がりを見せていたが、なかでも話題になっていたのが、お笑いコンビくりぃむしちゅー有田哲平(50)とダウンタウンの共演だった。

「05年の『史上空前!! 笑いの祭典ザ・ドリームマッチ2005』以来16年ぶりの共演、として盛り上げていましたね。また、当日の番組内では、さらに「ダウンタウンと共演NG疑惑」が出ている芸人について言及する場面があったんです」(前同)

 TBSの野村彩也子アナウンサー(24)が、有田に対してダウンタウン、特に松本人志(58)との関係について“ちょっといいですか? こちらも共演NGなんですか?”と質問をしたところ

有田は、

「我々ですか? ぼくらは爆笑問題とは違うから」

 と答え、松本は

「共演NGはあの、とんねるずだけなんで」

と、どちらもダウンタウンとの共演NGだとされていたコンビの名前を出した。

 爆笑問題とダウンタウンは、太田光(56)が、20年以上前に雑誌で松本のファッションを批判した結果、松本が激怒してコンビを呼び出し土下座するか、引退するか、パイプ椅子で殴られるか迫ったという逸話があり、実際に松本と太田は14年の『笑っていいとも!』(フジテレビ系)の最終回でしか共演していなかった。 

 しかし、2021年8月28日放送のフジテレビ系大型特番『FNSラフ&ミュージック 歌と笑いの祭典』(フジテレビ系)第1夜の大トリに爆笑問題が出演し、「松ちゃん見てる~?」「共演NG!」「太田、動きまーす!」と、漫才で大暴走しながらも、漫才後に登場したスタジオでガッツリと松本とトーク。かつての因縁をネタに昇華し、番組を大いに盛り上げた。

■ウンナンやナイナイとの共演も解禁

「『FNSラフ&ミュージック』といえば、松本とウッチャンナンチャン・内村光良(57)との共演も話題になりましたね。ダウンタウンとウンナンは88年10月から91年11月まで放送されていた伝説的な番組『夢で逢えたら』で共演。その後、どちらも大物になりすぎてしまい、共演の機会を喪失。同じく、14年の『いいとも』最終回が最後の共演となっていた。前日の生放送の最中の松本からの直電オファーに応える、という文字通り“友情出演”だったのが、激エモでしたね」(前出の女性誌記者)

『ラフ&ミュージック』にはナインティナインも出演していたが、この出演についても、松本は『人志松本の酒のツマミになる話』(フジテレビ系)で見事な“根回し”をしていたフシがある。

「94年に松本が自著『遺書』にてナイナイのことを名指して、口には出せないような言葉で批判した結果、ナイナイにとっては松本は尊敬を通り越して恐怖の対象となってしまった。ところが、今年4月2日の『酒のツマミになる話』に、まず矢部がピンで出演。“ちっちゃいオッサン(岡村)はまだ難しいかも。松本さんと対峙するの……ビビッてます”としつつも、世間の共演NG疑惑は、周囲が気を使っているだけと説明したんです。そしてその後、『ラフ&ミュージック』の司会が発表され、無事共演に成功しています」(前同)

■『酒のツマミ』を使いこなす松本

 昨年10月28日に放送された『水曜日のダウンタウン』(TBS系)では、アンタッチャブルの“ザキヤマ”こと山崎弘也(45)が09年の『リンカーン』(TBS系)で松本を尊敬するあまり緊張しすぎて大失敗した結果、山崎がマネジャーに遠回しな共演NGを要求していたことを暴露。ザキヤマも、晴れて松本との共演が解禁されることになった。

「ザキヤマについても、最近では9月10日にやはり『酒のツマミ』に出演していました。

『酒のツマミ』ではメインの松本のワキを、アンタッチャブル、さまぁ~ずに千鳥、若手では霜降り明星といったスター芸人たちが固めるスタイル。

 事前に飲酒して気分をほぐしてからトークする、ということもあって、矢部のように本来は共演をためらう可能性もあるゲストも呼びやすい。

 松本は、『酒のツマミ』を見事に使いこなしているといえますね。こうなってくると。いつかとんねるずと共演する日もそう遠くないかもしれません」(専門誌記者)

 ダウンタウンととんねるずもまったく共演がなく、世間で不仲説が出ているのに松本が気付いたのは最近のことで、16年の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)で「周りに気を使われてることすら知らなかった」「廊下ですれ違わないように(スタッフが)していた」と、振り返っている。

■残すはとんねるずのみ!

「年齢も芸歴も、とんねるずのほうが上。14年の『おぎやはぎのメガネびいき』(TBS系)では矢作兼(50)が過去に直球で“仲悪いんですか?”と石橋貴明に聞いたところ、“それがよ、全然悪くないんだよ周りが勝手に遠ざける”“俺からしたら、ダウンタウンは後輩なんだけど、周りがスゴいピリつくんだよなぁ……”と答えていたそうです。しかも、石橋と浜田は子どもが同じ学校に通っていたから、学校ではしょっちゅう顔を会わせていたそうです」(前出の専門誌記者)

 今後の共演については15年に『ガキ使』で松本が、自分が後輩であることから自分から言える立場ではないとしつつも、「向こうが『食わず嫌い(『とんねるずのみなさんのおかげでした』の1コーナー)』に来いよって言われたらね?」「“行かないけど…」と、お茶を濁しつつも共演を期待させるような発言もしていた。

「残念ながら2018年3月で『おかげでした』は終了してしまいましたが、石橋さんはYouTubeで変わらぬタレントパワーを見せつけています。相方の木梨憲武さんもアートや音楽など独自の世界を切り開いていますが、いつかは松本さんとの共演を期待せずにはいられない。

 松本さんの『酒のツマミ』に『ラフ&ミュージック』に『お笑いの日』といった近年の動き方を見ていると、“因縁”や“共演NG”といった呪縛を解きほぐしているような印象がある。アイアンマンやスパイダーマン、キャプテン・アメリカ、といったスーパーヒーローたちが結集する映画『アベンジャーズ』のお笑い版を目指しているんじゃないでしょうか」(前同)

 松本人志のもとに、14年の『笑っていいとも! グランドフィナーレ』のようにお笑いスーパースターがそろう日が、いつか来るのかーー。

関連リンク

  • 10/6 7:35
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます