MLB二刀流大谷翔平「MVPシーズン」終了後、TBS『呪術廻戦』との“出演争奪戦”に勝利する「超好感度トリオ」登場のあの番組

拡大画像を見る

 10月3日(日本時間4日)の対マリナーズ戦が、メジャーリーグ・エンゼルスの大谷翔平(27)にとって今季最後の試合となった。

 この試合で、大谷は初回に先頭打者弾となる46号ソロを放ち、日本人では07年ヤンキースの松井秀喜(同年まで4度達成)以来、14年ぶり2人目のシーズン100打点を記録。メジャー史上4人目かつア・リーグ史上初の「45本塁打、100打点、100得点、25盗塁」することになり、まさに「有終の美」で終わった。

「これまで、アメリカで活躍した日本人野球選手といえばイチロー(47)でしたが、いまや、大谷翔平は完全に“世界のオオタニサン”になりました。日本のテレビ局は、この高視聴率間違いなしの男とどうにかコネを作り、“国民的ヒーローの帰国後初出演”のイスを狙おうと必死になっているそうです。

 大谷が出演する特番となれば、とんでもない視聴率になることは間違いない。一発大きいのを当てたいのでしょう」(スポーツ紙記者)

 10月12日号の『FLASH』(光文社)では、大谷選手はマネジメントを管理する会社に所属していないことから、テレビ各局が大谷選手とのパイプになりそうな同級生らを社員としての確保に走っていることや、「番組の姿勢、内容に自分がどれだけ興味を持てるのか?」がギャラ以上に重要のため、そちら方面に各局が力を入れている、と報じている。

「ちなみに、『FLASH』によると、大谷は『週刊少年ジャンプ』(集英社)連載の『呪術廻戦』のアニメ(TBS系)のファンであること、同作品のエンディングテーマ担当のバンドメンバーが逮捕される不祥事があっても、その曲を登場曲に使い続けていることから、TBSは『呪術廻戦』の主人公の声優である榎木淳弥(32)との共演を狙っている、と報じていますが、実は別なテレビ局も美味しいポジションにいるんですよ」(前同)

■好感度抜群の3人と縁がある

 そのテレビ局とは、テレビ朝日。実は大谷選手には、テレ朝が誇る好感度抜群のタレント3人と意外な接点があるのだ。

「テレ朝では『サンドウィッチマン&芦田愛菜の博士ちゃん』を放送していますが、大谷には芦田愛菜(17)とサンドウィッチマンそれぞれに、意外な縁があるんです。

 同番組は、天才の少年および少女が、先生役の“博士ちゃん”としてサンドと芦田にいろいろな知識をレクチャーする番組。大谷も8月22日(日本時間23日)にリトルリーグの聖地と呼ばれる、ペンシルベニア州ウイリアムズポートの球場を訪れた際は、《ショウヘイ・オオタニは大人の男性は後回しにして、子どもにサインを書いている。彼が最高である理由だ》と海外メディアに報じられていることから、子どもとの相性もよさそうです」(女性誌記者)

 芦田愛菜とサンドウィッチマンそれぞれの縁については、大谷が北海道日本ハムファイターズで活躍していた2012年まで遡る。

「まず芦田について。当時、日本でも絶対的なスターだった大谷選手ですが、好きな女性のタイプをしつこく聞かれた際に、当時、まだ小学生だった芦田愛菜の名前を出していた時期があったんです。

 もちろん相手をはぐらかすジョークであることは言うまでもありませんが、実際のところ、過去には“誠実で控えめなコ。それに頭がいいコ”がタイプと話したこともありますからね」(前同)

 芦田は、17年に日本屈指の名門中学校に合格し、現在は同校の高等部に進学。また、将来の夢を「薬剤師になって新薬開発をしたい」と語るほどの才女として知られている。

■サンドは大谷選手とキャッチボールしたトンデモ実績がある

「極めつけが、サンドウィッチマンの存在です。

 伊達みきお(47)が熱狂的な野球好きとして知られているサンドですが、実は15年12月(放送は翌年1月)にローカル番組『熱烈!ホットサンド』(STV)で、大谷とキャッチボールをするという、いまとなっては全テレビ局がうらやむこと間違いなしの超豪華な企画が放送されたことがあるんです。ちなみに、大谷選手は岩手県、サンドは宮城県と、“東北地方出身”という接点もありますね」(専門誌記者)

 伊達は大谷に高校時代から注目しており、7回の1イニングだけ登板した12年夏の地方大会の”花巻東対水沢工業戦”もスタンドで観戦していたそうで、この件について「感動したわぁ」と、伊達が大谷に直接伝える様子も映された。

「伊達は大谷のグラブを触らせてもらったり、キャッチボールを打診した際に“僕でよかったら”と発言したことから伊達が“こっちのセリフですよ!”と恐縮しきりでした。当時の番組告知によると、会話はせずとも何度か球場で顔を合わせたり、日本ハムに入団した頃に仙台駅で伊達に遭遇したこともあったそうです」(前同)

 しかも、サンドウィッチマンが東北楽天ゴールデンイーグルスのファンであることも、大きいという。

「楽天の則本昂大(30)と松井裕樹(25)は大谷選手と親交があって、この企画について“今度(サンドウィッチマンと)会う機会がある”と連絡するほどだったんです。そういう意味でも、サンドウィッチマンと大谷はウマが合うでしょう。

 もっとも、当時の放送では日ハムの大谷に伊達が楽天への移籍をすすめたり、伊達が白々しく”僕らも日ハムファンとしてね?”と発言するも、本当は楽天ファンなのがバレていて、”楽天ファンなんだなって(知ってる)”と大谷に返されてしまったこともありますが(笑)」(前同)

 当時、伊達はこの共演について、

「大谷ファンの気持ちがますます強くなりました。それと、やっぱり“東北魂!を感じる選手ですね。今回の企画での出会いをきっかけにぜひクリムゾンレッド(楽天カラー)のユニフォームも着てほしいです」

 とコメントしていた。

 意外な接点のあったサンドと大谷。ひょっとして、TBS『呪術廻戦』との大谷争奪戦に勝利するのは、テレ朝の芦田・サンド連合なのかも……?

関連リンク

  • 10/6 7:25
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます