V6岡田准一、“ポスト嵐”は「ヘイセイ、キンプリ、SnowMan、SixTONES」断言!“教え子”にも容赦ナシの「4組外し」!!

拡大画像を見る

 10月15日に公開される映画『燃えよ剣』で新選組の土方歳三を演じるV6の岡田准一(40)と、沖田総司役を務めるHey!Say!JUMPの山田涼介(28)の対談企画が、9月28日発売の『週刊朝日』(朝日新聞出版)に掲載された。

 岡田と山田の対談は、映画撮影中のエピソードのほか、ジャニーズグループについても話題が及んだ。

「ジャニーズグループの話題では、岡田の若手グループ評に驚かされましたね。

 岡田は、“これから、Hey!Say!JUMP、King&Prince、SixTONES、Snow Manは面白いと思います。国民的アイドルとしての座を奪い合うわけなので。僕らは『誰がとるかなー』って見て楽しんでいます”と、次期国民的アイドルの候補について、具体的なグループの名前を4組挙げたんです」(女性誌記者)

 ジャニーズ事務所の所属アイドルでは、これまでトップを走り続けてきた嵐が2020年いっぱいで活動を休止しているため、現在、国民的アイドルの座は空席となっている。

「ジャニーズでは、嵐の活動休止で彼らの後継となる“ポスト嵐”の育成が急務だと言われています。そんな中で、岡田は具体的なグループ名を出したんです。

 今回、彼が挙げたグループで気になるのは、直近でデビューしたSnow Man、SixTONESの前、2018年デビューのキンプリから2007年にデビューしたHey!Say!JUMPの2組の間にデビューしたグループがごっそり抜けていることです」(前同)

■抜け落ちてしまった4組のグループ

 Hey!Say!JUMPのデビューからキンプリがデビューするまでの間、ジャニーズ事務所のグループでは、2011年にKis-My-Ft2とSexyZone、2012年にA.B.C-Z、2014年にジャニーズWESTと、4組がデビューを果たしている。

「岡田に選ばれたグループのファンからは、“岡田くんの次の国民的アイドル争いの中にJUMPが入ってて嬉しかった”との声も上がった一方、選ばれなかったグループのファンからは、“国民的アイドルの座を〜の話にWEST入ってこないんかい!!ってツッコミを入れたことだけお知らせしときます”といった反応もネットには寄せられています。

 ただ、今回の話に出た4組について、岡田は“その4グループはちゃんと状況をわかっていて、どういうグループにしていくのかすごい話し合っていると思います”と語っており、しっかりと根拠があった上で選んでいるようです。実際、岡田は忖度いっさいなしで今回の候補を選んでいると思われる部分があるんです」(前出の女性誌記者)

■塾生のグループですら選ばない

 2019年2月1日付のWEB版『女性自身』によると、岡田は後輩の育成のため、英会話や乗馬のレッスン、自身が出演した作品の監督の演技指導が行なわれる“岡田部活”なるものを行っていると報じている。

「岡田は、得意とするアクションや殺陣の指導を後輩に行うこともあり、生田斗真(36)や関ジャニ∞の丸山隆平(37)が教え子であることが、過去にテレビ番組で岡田や本人の口から明かされています。今回、岡田が選んだHey!Say!JUMPでも『燃えよ剣』で共演した山田はもちろん、一部報道では八乙女光(30)も岡田の指導を受けた経験があるといいます。

 その一方で、今回、岡田に選ばれなかったSexyZoneの中島健人(27)も6月13日放送の『日曜日の初耳学』(TBS系)で“2人でアクション稽古している”とコメント。ジャニーズWESTの濱田崇裕(32)も岡田の指導を受けに行った、と7月8日放送の『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)で、メンバーの重岡大毅(29)を通じて明かされています」(前出の女性誌記者)

 岡田は今回、自身の教え子であるかどうかはまったく考慮せず、Hey!Say!JUMP、キンプリ、Snow Man、SixTONESの4組を選んでいるようだ。

「岡田は、普段から後輩の振る舞いや考えをじっくり観察しているということでしょう。当然、ジャニーズ内部での情報、評判も彼には聞こえてきている。さらにこれに、V6として26年歩んだ経験値も踏まえて選んだのでしょうから、かなり突っ込んだ、真剣な“選抜”だと考えられます。

 さらに対談では、“僕らは『誰がとるかなー』って見て楽しんでいます”と話しているということは、V6のメンバーでそれを共有しているということでしょう。そう考えると、Hey!Say!JUMP、キンプリ、Snow Man、SixTONESの4組から国民的アイドルグループが出るというのは、ジャニーズのベテラン、中枢の共通認識なのかもしれません。そう考えると、非常に重たい発言ですよね。

 逆に、今回、岡田に選ばれなかったキスマイ、SexyZone、A.B.C-Z、ジャニーズWESTは、先輩の目から見て国民的アイドルになるのはすでに難しいということなのかもしれませんね……」(夕刊紙デスク)

 岡田の予想を覆し、爆発的に伸びるグループが出てくることも期待したい。

関連リンク

  • 10/6 7:20
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます