新垣結衣、小栗旬主演NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』撮影で…続く「いまだに星野源と別居の新婚生活」に逆『逃げ恥』の危機!?

拡大画像を見る

 2021年5月19日に星野源(40)と新垣結衣(33)が電撃結婚を発表してから、早くも5か月弱が経った。

 新垣と星野は2016年のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)で夫婦役で共演。エンディングで披露された“恋ダンス”も社会現象に。その5年後の2人の「逃げ恥婚」には列島が沸いた。

 発表直後の5月26日のラジオ番組『星野源のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)には、リスナーからの祝福メッセージや質問が殺到。

「なんて呼び合ってますか?」という質問に星野は「僕は普通に結衣ちゃん。彼女のほうは源さん。たまに星野さん」と照れ臭そうにコメント。

 また、「新垣さんにアプローチするために、同じマンションに引っ越したってのは本当ですか?」という問いには「マジでたまたまなんです」と前置きし、「いわゆる、セキュリティとか考えると、結構、芸能人的な人とかがいるところになっちゃうんですよね。本当たまたまで」と明かした。

 2人が同じ敷地内に建つマンションの別の棟に住んでいるという報道が出た当時、『逃げ恥』の関係者で焼き肉に行った際、星野と新垣はお互いに「すみません」と言い合ったと、ラジオで語ったことも当時、話題を呼んだ。

 そんな星野と新垣夫妻に、ある不穏な話がささやかれているという。

「結婚発表から5か月が経とうとしていますが、いまだに2人は同居をスタートさせていないそうなんです」(芸能プロ関係者)

■三谷幸喜脚本の大河ドラマ『鎌倉殿の13人』

 新垣は、小栗旬(38)が主演を務める2022年のNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』にメインキャストとして出演する。

「『鎌倉殿の13人』は6月にクランクインしていて、新垣さんにとって初めての大河ドラマになります。また、結婚発表と同時に新垣は事務所との専属マネジメント契約を終了。同事務所のサポートを受けながらではありますが、個人で活躍していくことを発表したこともあり、今までとは違った忙しさがあるのではないでしょうか。

 また当然ですが、かなり熱心に作品に取り組んでいるようですね。ドラマの脚本を手掛けるのは、当代きっての脚本家である三谷幸喜さん(60)。また、鎌倉時代が舞台ということで、今までにない面白い作品になるのは間違いないでしょう。それだけに、ドラマのセリフ覚えやロケが多くて大変、ということもあるのでしょうね。そうしたこともあってか、いまだに星野さんと同居生活を開始できていないという話ですね」(前出の芸能プロ関係者)

 ドラマ『逃げ恥』は、星野演じる平匡が“雇用主”、新垣演じるみくりが“従業員”として、家事労働に給料を支払う「契約結婚」を始め、次第に本当に惹かれ合っていくというストーリーだった。

 しかし、現実の星野と新垣は愛し合っているものの、多忙がゆえにいまだに一般的な夫婦のような生活を送れていない、ということのようだ。

■ガッキーの今の趣味は「観葉植物の株分け」

 前出の芸能プロ関係者が続ける。

「大河が終わるまで、あと1年あります。一部では別居が長く続くという見方もありますね。また、新垣さんは星野さんのことについて、周囲にもほとんど口にすることはないそうです。ただ、どうやら今は、ドキドキといった感情やピリピリといった感情は求めておらず、のんびりゆったり、“仕事に専念したい”という考えのようです。

 新垣さんの今の趣味は自宅での観葉植物の株分け。植物に癒しをもらっているみたいです。星野さんとの新婚生活は、本当に徐々に始めていく、ということでしょうか」

「別居が長引くのでは」という声も一部ではあるようだが、

「お互いに仕事が多忙すぎて、なかなかタイミングが合わず、同居ができていない、ということでしょう。近々の同居に向けて、時間の合間を見て準備を進めているのではないでしょうか」(前同)

 一部では12月31日放送の『NHK紅白歌合戦』で、結婚後初となる星野と新垣の共演が見られるという報道もあるが、果たして――!?

関連リンク

  • 10/6 7:10
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます