小栗旬主演「日本沈没」Netflixで世界一斉配信!宮藤官九郎&大石静共同執筆ドラマも配信予定

拡大画像を見る

小栗旬主演の秋ドラマ「日本沈没―希望のひと―」が、「Netflix」にて世界一斉配信されることが決定した。

本作は、1973年に刊行された小松左京の不朽の名作「日本沈没」を原作に、大きくアレンジを加え、環境問題をいまに照らし合わせて鮮明に打ち出す。また、いまだからこそ描くべき物語として、主人公を含むオリジナルキャラクターの登場人物を配し、2023年の東京を舞台に映像化。小栗さんや松山さん、杏さん、仲村トオル、香川照之ら名だたる俳優陣が集結した。

今回「Netflix」では、放送同日の24時(地上波放送開始の3時間後)から毎週、世界配信される。

またほかにも、TBSの番組新作2本が全世界配信決定。約20年前、バラエティ番組から生まれ、社会現象にもなった恋愛リアリティ企画「未来日記」。「これから起こることが書かれている不思議な愛の日記」、2人が恋に落ちていく未来が書かれている日記が、全く知らない男女へ届けられる。信じられないような出会い、感動的な愛の告白など、非日常的でドラマチックな体験をしていく中で、男女は恋に落ちていくのか? そして最後の日記には、永遠の別れが書いてある…。この企画が、Netflixオリジナル番組として現代版にアップデートしてリブート

そして、宮藤官九郎と大石静が共同執筆したNetflixシリーズ「離婚しようよ」も配信。気持ちは冷めきっているが、それぞれの事情ですぐには離婚出来ない夫婦が、一致団結して「離婚」という揺るぎない目標に向かっていくホームコメディ作品。

「今のところすごく上手くいっている」と話す宮藤さんは、「このセリフは大石さんぽい、と思いきや宮藤、ここ宮藤だろうな、と思いきや大石さん、という風になってると思います」とコメント。大石さんは「1組の夫婦の思うようにはいかない人生のやりきれなさは、宮藤さんのそれでもあり、私のそれでもあり、視聴者のみなさんの哀しみでもあると思うので、そのあたりを、それぞれの個性をチラリと出しつつ、面白おかしく描けたらな・・・と思っています」と話している。

「日本沈没―希望のひと―」は10月10日(日)21時~TBSにて放送、24時~Netflixにて毎週世界配信。

Netflixシリーズ「未来日記」は12月、Netflixにて全世界独占配信予定。

Netflixシリーズ「離婚しようよ」は2023年、Netflixにて全世界独占配信予定。



(cinemacafe.net)


■関連作品:
【Netflix映画】ブライト 2017年12月22日よりNetflixにて全世界同時オンラインストリーミング

【Netflix映画】マッドバウンド 哀しき友情 2017年11月17日よりNetflixにて全世界同時配信

【Netflixオリジナルドラマ】オルタード・カーボン 2018年2月2日より全世界同時オンラインストリーミング
2月2日(金)より全世界同時オンラインストリーミング
【Netflix映画】レボリューション -米国議会に挑んだ女性たち-


関連リンク

  • 10/6 7:00
  • cinemacafe.net

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます