安住紳一郎アナ&香川照之『THE TIME,』1日で剥がれたメッキ「視聴率5%切り」と『ラヴィット』「人のふんどし作戦」失敗!!

拡大画像を見る

 10月1日、TBSの安住紳一郎アナウンサー(48)と俳優の香川照之(55)がMCを務める朝の新情報番組『THE TIME,』(月~金曜午前5時20分~8時)がスタートした。

 同番組では月~木曜のMCを安住アナが、金曜のMCを香川が担当することが発表されていたが、初回の1日が金曜で、2人がそろって出演したこともあり注目を集めた。

「10月1日午前7時台の平均世帯視聴率は6.5%(すべてビデオリサーチ調べ、関東地区)、個人視聴率は3.4%と好発進を切りました。ただ、明けて月曜日、10月4日の午前7時台の世帯は4.8%、個人は2.7%という数字で、5%を割ってしまったんです。

 やはり初日の数字は“ご祝儀視聴率”だったわけで、それもたった1日で終わってしまった。視聴者の波が引くのが早かったと言えそうです。だからといってこれで『THE TIME,』がダメというわけではないですが、あくまでも初回の好発進は“ご祝儀”が乗っかった結果とも言えるでしょうね」(制作会社関係者)

 夏目三久(37)が7年半にわたってMCを務めた前身番組『あさチャン!』の番組終了間際の世帯視聴率は、4%前半から中盤ほどを推移していた。

「ですので、『THE TIME,』の2回目の世帯4.8%というのは『あさチャン!』時代よりは数字はいいものの、それほど変わりません。麒麟の川島明さん(42)がMCを務める『ラヴィット!』も、スーパーエース・安住アナの『THE TIME,』のバトンを受け取ってスタートできるため、数字が上昇するとも言われました。

『ラヴィット!』サイドにそういう思惑はないでしょうが、TBS上層部としては、『THE TIME,』の“人のふんどしで相撲を取る”ということに期待をしていたはずです」(前同)

■コメンテーターを置かない斬新構成に「イイね」の声も

 3月29日の番組スタート以来、視聴率低迷を続けている『ラヴィット!』だが、『THE TIME,』がスタートすることで、数字が改善するという報道もたしかにあった。

「1日の『ラヴィット!』の世帯視聴率は3.1%と、たしかにそれまでに比べたら微増しています。これは7月末の東京五輪開催時期以来の数字です。同じ時間帯の番組が五輪中継、五輪関連の情報をこぞって取り扱っている中、『ラヴィット!』は頑なにいつもと同じ放送を続けていた。

 それがスポーツに全く興味のない人に支持されて、その時期には『ラヴィット!』の視聴率が3%台に達する日もあったんです。久々の3%台となったわけですが、10月4日の視聴率は2.8%。また2%台に戻ってしまったんです」(前出の制作会社関係者)

 10月1日の初回放送では、安住アナが「今日が1回目の放送です。夏目三久さんの笑顔に負けないように、おじさん2人で頑張っていきたいと思います」と、夏目を引き合いに出して挨拶をした。

 また、スタジオ内には、気象予報士が常駐するガラス張りの部屋、新聞や雑誌などが並ぶ「コンビニエンススタンド」が配置された立体感のあるセット内を、安住アナをはじめとする出演者が動き回ってニュースを伝えた。

 初回放送には、安住アナと香川、ニュースを読み上げるアナウンサーは出演していたもののコメンテーターは置かず、テンポよく次々とニュースが報じられる番組の構成に、視聴者からは「コメンテーターが居ないのがイイね。時間つぶしの同じ話題コメントループにならないことを祈る」といった声も上がった。また、ツイッターのトレンドにも『THE TIME,』関連ワードが次々とランクインした。

 10月4日の放送もコメンテーターを置くことはなく、進行役の安住アナと宇賀神メグアナ(25)、ニュースを読み上げるアナウンサー、気象予報士らが的確にテンポよくニュースを伝える構成となった。

■安住紳一郎アナをもってしてもTBS“死に枠”の呪縛は払拭できず!?

 民放キー局ディレクターは話す。

「初回放送は安住アナと香川さんがそろって出演したこともあり、お祭り感もありました。ただ、4日からの通常回は『あさチャン!』とそれほど変わらない視聴率だったわけです。

 そのせいで“漁夫の利”を期待し、それが叶いそうな予感があった『ラヴィット!』も数字を落としてしまっている。これまでTBSの朝は全然数字がとれなくて“死に枠”だとも言われていましたから、そこからは簡単には逃れられないということでしょうね」

 安住アナをもってしても、いきなりその“呪縛”を払拭することはできなかったということだろう。

「朝の番組というのは各家庭、視聴者それぞれに“視聴習慣”がついてしまっていますから、新番組を継続して見てもらうのは難しい。初回だから“とりあえず”見てみようという人が多かったということでしょう。ただ、『THE TIME,』はまだ本当に始まったばかり。内容面はどんどんブラッシュアップされていくのでしょうし、ここで結果を残せば、安住アナの役員昇格という報道もありますよね。

 間違いのない実力者の安住アナ、また、同番組にはTBSのエースディレクター、記者が集結しているといいます。また、スタジオを立体的に使った演出、全国をつなぐ中継など、他の番組と差別化できる武器も多分にあります。今後、徐々に数字は上がっていくのではないでしょうか」(前同)

 TBSが社運を賭けているという『THE TIME,』。会社の期待を一身に受けている安住アナは番組を上昇気流に乗せることはできるのだろうか。そして、その後に続く『ラヴィット!』も“安住パワー”の恩恵を受けて、低空飛行からの脱出なるか!?

関連リンク

  • 10/6 7:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます