Snow Man目黒蓮、なにわ男子・道枝駿佑の“消えた初恋”エピソードに「俺が探し出してあげる」<消えた初恋>

【モデルプレス=2021/10/06】なにわ男子/関西ジャニーズJr.の道枝駿佑とSnow Manの目黒蓮がW主演を務める10月9日スタートのテレビ朝日系オシドラサタデー『消えた初恋』(毎週土曜よる11時30分~)のリモート記者会見が5日に行われ、道枝、目黒、福本莉子、鈴木仁が出席した。

◆道枝駿佑&目黒蓮W主演ドラマ「消えた初恋」

今作は、現在『別冊マーガレット』(集英社)で好評連載中(コミックスは既刊6巻)の『消えた初恋』(原作:ひねくれ渡/作画:アルコ)を初のドラマ化。

クラスメイトの天使・橋下さんに片思い中の男子高校生・青木が、あっさり失恋。ひょんな出来事から、同じくクラスメイトで硬派な男子・井田に恋していると勘違いされてしまう…。しかも、勘違いのはずが、本当に井田のことが気になり始めて…という、王道の青春ラブストーリーのテイストと合わせて、勘違いを発端とした意外過ぎる展開にSNSなどで話題沸騰中の異色作。

この一風変わった“初恋ラブコメ”を実写化。クラスメイトの橋下さんに片思い中の青木役を道枝、“青木が自分のことを好きかもしれない”と勘違いしてしまう井田役を目黒、青木が恋する天使のようなクラスメイト・橋下さん役を福本、青木の親友でお調子者のあっくん役を鈴木がそれぞれ演じる。

◆道枝駿佑&目黒蓮ら、“消えた初恋”の思い出エピソード

タイトルにちなみ、“消えた初恋”の思い出についてトークを展開。道枝は「去年の冬に服を見に行ったら、一目惚れしたコートがあったんですけど、その時に手持ちがなかったので、今度来た時に買おうと思って後日行ったら、そのコートがなくなっていた…っていうあまり盛り上がらない話題なんですけど(笑)、残念でした」と狙っていたコートが買えずに売り切れてしまったというエピソードを披露。それを聞いた目黒は「そのコート、俺が絶対探し出してあげるよ。探し回りたいです。安心して?俺、絶対探すから。大丈夫」と熱視線。道枝は「いいですよ!」と遠慮したものの、最終的に「嬉しい!やったぁ!」と目を輝かせた。

そんな目黒の“消えた初恋”は「小学5年生くらいの時に、サッカーの試合の合間に親から『犬を飼うことにしたから』と言われて、ずっと飼いたかったので『やったぁ!』って喜んでドキドキしながら後半戦に行ったら、全然集中できずにぼろ負けした」という苦いもの。「なんで終わってから言ってくれなかったの?っていう。でも僕の親もすごく嬉しかったんでしょうね。我慢できずに、前半戦が終わってから僕に言ってきた(笑)」というほっこりする家族エピソードを明かしていた。

また、福本は「幼稚園くらいの時に、クラスですごくモテる男の子がいて、みんなその子のことが好きだった。私もその子が好きで、幼稚園の頃ってどこに行くにも手を繋いで歩くじゃないですか。それでたまたま背の順か何かで、私がその子の隣で、手を繋げて嬉しかったなっていう思い出です」と淡い初恋エピソードを披露。道枝は「すごい良い話」と微笑み、目黒も頷きながら、鈴木を尻目に「もうこれで終わりにしよう」と提案。

順番的に最後となってしまった鈴木は、福本のエピソードに戸惑い、「初恋は生涯に一度だけなので、すごく素敵だと思うんですけど」と前置きしながら、「僕はあんまり覚えてないんですよ…。本当に消えちゃってますね。本当に『消えた初恋』」とオチをつけて笑わせた。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 10/6 5:00
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます