徳永有美『報ステ』週1でもABEMA兼任の「VIP」待遇となった裏事情

拡大画像を見る

 内情はかなりドタバタしていたようだ。

 9月30日、フリーアナウンサーの徳永有美が10月からABEMA NEWSチャンネル『ABEMAヒルズ』の水曜、木曜キャスターを務めることが発表された。

「徳永は『このたび、大好きなABEMAに再び戻ってまいりました』と喜びのコメントを出していますが、これまでメインキャスターを務めていた『報道ステーション』は、10月から元NHKの大越健介氏が月~木でメインを張ることになりました。その煽りで、徳永は金曜のみの出演という配置となっています。それが一転、ABEMAとの兼任になったことで、ネット上では『大越さんメインになるし、卒業で良いのでは?』『なんで、この人ここまで優遇されるかなー』『キャスターとしてというよりアナウンス力に問題がありすぎる』『ABEMA専任のほうがよろしいのではないか』といったコメントもあがり、眉を潜めた人が多かったようです」(テレビ誌ライター)

 テレビ朝日が徳永をVIP待遇で扱うのには、やはりあの男への忖度が見えるという。テレビ関係者が明かす。

「そもそも徳永を『報道ステーション』のキャスターに招へいしたのは、テレ朝社員から徳永を略奪不倫したことで絶縁関係になっている夫・内村光良にレギュラー番組を持たせたいという思惑があったから。NHK紅白の総合司会を務め、出演番組が軒並み高視聴率を記録する内村だけに、テレ朝としては関係修復を試みたいところでしょう。しかし、今回の左遷人事に内村が『失礼じゃないか!』と激怒。それを聞いて、慌ててABEMAの椅子を用意したのが裏事情のようです。実はABEMAは地上波と比べてもそん色がないほどギャラが高い。『ABEMAヒルズ』を補填にすることで、徳永や内村には納得してもらったようです」

 一方、徳永に代わってメインを張る大越キャスターにも不安材料が点…。前出のテレビ関係者が続ける。

「大越氏は昔ながらの“飲みニケーション”でスタッフと親睦を深め、信頼関係を築きたいタイプ。しかし、テレ朝といえば、東京オリンピックの番組担当スタッフによる打ち上げ名目で、10人が深夜から未明まで飲酒を伴う飲み会を行い、1人が誤って店外に転落して負傷した騒動を起こし、世間から大バッシングを食らったばかり。現在も飲酒を伴う打ち合わせについては禁止令が出されており、スタッフとの“あ・うんの呼吸”が取れていないまま新番組に突入となってしまった。徳永の“週1出演”は大越氏をメインにする際に『じゃあ私、必要ないですよね』とタンカを切って、彼女自らが言い出したこと。もし、大越氏が結果を出せなかった場合には、徳永の出演回数が増えていく可能性もあるようです」

 テレビ朝日は、いつまで内村に振り回されることになるのだろうか。

  • 10/5 21:00
  • サイゾー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます