【サウジアラビアRC】新種牡馬ドレフォン産駒の珍名馬「ウナギノボリ」に注目

拡大画像を見る

 10月9日に東京競馬場で行われるサウジアラビアRC(2歳・GIII・芝1600m)。

 珍名馬で知られる小田切有一氏の所有馬、ウナギノボリ(牡2、栗東・音無秀孝厩舎)が出走を予定している。

 同馬は父ドレフォン、母ノンキ、母父サンデーサイレンス、半兄にJRA5勝のビックリシタナモーがいる血統。馬名の由来は「鰻登り」。

 9月11日の中京芝1400mでデビュー。道中は中団後方を追走、最後の直線で馬の間を突いて脚を伸ばし、2番人気のリゴレット(牝2、栗東・羽月友彦厩舎)をゴール前で差し切って、1/2馬身差をつけ初勝利を飾った。上がりは最速の34秒8。

 2017年ダノンプレミアム、2018年グランアレグリア、2019年サリオスと過去5年で、のちのGI馬が3頭も誕生しているこの出世レースで、飛躍を遂げることができるか注目だ。

関連リンク

  • 10/5 17:46
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます