指摘しづらいけど…“ちょっと古めかしさがある”LINEの使い方4つ

ちょっと古めかしいLINEの使い方をしていると、おばさん認定されてしまいます。
よほど親しくなければ「それ古いよ」と言いづらいので、本人はなかなか気づけないものです。

そこで今回は、ちょっと古めかしさがあるLINEの使い方を4つご紹介しますので、自分に当てはまっていないかチェックしてみてください。

(1)無料スタンプばかり


LINEは可愛いスタンプやおもしろいスタンプが充実しているので、センスの見せ所でもありますよね。

しかし、いつも同じ無料スタンプばかり使っていると、古めかしさを感じさせてしまいます。
「またそれ?」と思われてしまうでしょう。

(2)一文が長い


LINEは短文で、テンポよく会話できるところが魅力ですね。
しかし、常に一文が3〜4行あると、メールのような印象を与えて古めかしさを感じさせます。

一文が長いだけでなく、1回のメッセージがだらだらと続けば「メールの名残っぽい」と思われてしまうのです。

(3)絵文字の多用


絵文字をたくさん使ったLINEは、古めかしいと思われます。
絵文字がないと冷たい印象になるので、思いっきり盛り込んでしまう方もいるでしょうが、古さを感じさせてしまうこともありますよ。

とくに、絵文字を複数並べる使い方は、もう古いようです。
「おばさんっぽい」と思われないように、ほどほどの量にしておいた方がよいでしょう。

(4)改行が多い


相手が読みやすいように改行を多めにすると、古めかしい印象を与えます。
さほど長くないメッセージでも、改行を増やすことで倍くらいの行数になってしまうことがあるからです。

不自然な場所で改行すると、おばさんっぽいと思われるので、一文を短くして改行なしにした方がよいでしょう。


「古い」「おばさんっぽい」と思われやすいLINEの使い方をご紹介しました。
あえて「おばさんっぽい」と思われたい方はいないでしょうから、ご紹介した4つの使い方は控えておいた方がよいでしょう。

(恋愛jp編集部)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 10/5 20:35
  • 恋愛jp

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます