キングオブコント2021を「ド頭すごい出だし」にした、伝説の前説芸人

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週(9月26~10月2日)に見たテレビの気になる発言をピックアップします。

もう中学生「4年好きだった方がいまして」

 川島明(麒麟)は、その人の芸風を「自然現象」と呼んだ。唯一無二のダンボール芸で再ブレイク中の、もう中学生に対するコメントだ。川島はさらに続けてこうも述べた。

「人を傷つけない笑いっていうのが最近のトレンドですけども、人を傷つけるどころか、人をどうしたくてこのネタを作ったんだろうっていう。趣旨がわからないですね」(29日『お笑い王者が激推し!最強ピンネタ15連発』フジテレビ系)

 そんなもう中学生が、27日の『しゃべくり007』(日本テレビ系)にゲスト出演。自身の半生や、再ブレイクのきっかけなどを振り返っていた。芸人になったきっかけ、大家さんとの関係、初めての炭酸など興味深い話が多かったのだけれど、ここでは10年以上前の、彼が世間に注目される契機となった出来事を紹介したい。

 もう中が24歳のときのこと。彼には心に思っていた人がいたという。

「4年好きだった方がいまして。メールのやり取りもしてたんですけども。告白はしてなくて。それでちょっと、しおりを作って一緒に紅葉を見に行こうって誘いまして」

 しかし、待ち合わせの駅に待っていたのは、彼女とその彼氏だった。2つ用意してきた自作のしおりを、2人に渡したもう中。しおりに記したコースが夜までだったので、そのまま夜まで3人で回ったらしい。

 その後、もう中は失意のなか1人で自宅に戻った。2日後にお笑いライブの出演が予定されていた。しかし、ネタができる気分ではなかった。そこで思いついたのが、自分が前に出ないネタだったという。

「あ、いいこと考えた。ちっちゃい鳥を作って、ダンボールの上で鳥に会話させて、それで自分は表に出ないでおこう。で、鳥に全部会話させて、『どうも、ありがとうございました』って1分ネタをやった」

 そのとき、たまたま今田耕司がライブを見に来ていた。新年に放送される『さんまのまんま』(フジテレビ系)で、今田が若手芸人のネタを明石家さんまにプレゼンする毎年恒例のコーナーがあるが、そこで紹介する若手を探しに来ていたのだ。今田のお眼鏡にかなったもう中は、2008年の『さんまのまんま』に出演。最初のブレイクのきっかけをつかんだ。

 もう中学生の「自然現象」のようなネタのバックグラウンドに、こんな悲恋の物語があったとは。人生の幸不幸は予想しがたい。何が幸せに転じるかわからない。人間万事塞翁が馬。人間万事塞翁がダンボール鳥。

 30日の『マツコ&有吉 怒り新党』(テレビ朝日系)の最終回。レギュラー放送は2017年で終了していた同番組だが、9月いっぱいで芸能界を引退することになった夏目三久を送り出すため「緊急生放送」と題して復活した格好だ。

 番組では、夏目と有吉弘行、そしてマツコ・デラックスが、過去のトークや「新・3大」のコーナーを振り返っていった。また、新しく収録された3人のトークでは、かつてのように夏目が「怒りメール」を読み上げ、マツコと有吉がそれをネタにトークを展開させていく。トークを終えると、有吉とマツコは「変わらないですね」「なんにも変わらないですよ」と3人のいつもどおりの空気感を確かめあっていた。

 また、マツコは「一緒にしたら有吉さんに悪いけど」と前置きした上で、次のように語った。

「出方としてはさ、(有吉さんは)世の中にケンカ売るみたいにして復活して、私はそれで地下から這い上がってきて。で、最後、ホントに私みたいにずっとケンカ売り続けなきゃいけない人間もいていいけど、天下を獲りね、きれいな女房をもらいね、幸せになることへの恐怖みたいなものを和らげてくれた。どっかでね、幸せになっちゃいけないんだって。あるじゃない? そういうの。それをこんな身近な人がね、堂々とそれをやっても、有吉弘行という人の価値を落とすことなく幸福になったっていうのはね、ちょっと望みですよ、私の」

 数々のバラエティでMCを務めてきた中居正広は、これまで何度か「バラエティ番組の終わりは寂しくて残酷なもの」と持論を口にしてきた。ドラマや映画であればクランクアップ、コンサートであればファイナルステージに向けて出演者はエネルギーを高めていく。終わることを目指して進んでいく。しかし、バラエティの場合、始めから終わることを目指して始まったりはしない。『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)が終わる間際に、中居は次のように語った。

「バラエティの打ち上げ、寂しいものです。寂しいなぁ、つらいなぁ。僕はこの世界、ちょうど30年になります。今までそういう思い、多々してきました」(2018年1月2日)

 そんななかにあって『怒り新党』は、バラエティ番組としてとても幸せな終わり方をしたのかもしれない。マツコの言い方を借りれば、最後まで価値を落とすことなく幸福な形で終わった。そんな『怒り新党』は、ちょっと望みですよ、といったところかもしれない。

 あと、30日の朝には、自身がメインキャスターを務めてきた『あさチャン!』(TBS系)に出演していた夏目。ラストメッセージの時間がほとんどない上にぶつ切りで終わるなど、少し残念さが残る最後だった。夏目は毎回、「今日もご覧いただき、ありがとうございました」などと視聴者に感謝の言葉を述べて番組を終えていたが、そんないつもの言葉が「ありがとうござい…」で終わってしまっていた。

 そんな彼女はその夜、『怒り新党』のラストで「ありがとうございましたー!」と手を振った。これは本当によかったと思う。

 2日の『キングオブコント2021』(TBS系)は、空気階段の優勝で幕を閉じた。それにしても、10組中すべての組が面白いネタを披露していた今大会。審査員を務めていた松本人志が、途中で「すごく矛盾してんねんけど、もうあんまりウケんなって思ってまうねん」と言い、飯塚悟史(東京03)が「今日ほど家で見たかったですね」と口にするなど、すべてのネタが大きな笑いをさらっていく展開に、審査する側がうれしい悲鳴を上げる展開も見られた。小峠英二(バイきんぐ)は「伝説の回ってなるぐらいの、回なんじゃないか」と評した。

 これほどレベルの高い大会になったのは、もちろん、ファイナリストとなった芸人たちのコントが面白かったからに他ならない。また、刷新された審査員のコメントの納得感も、見ている側としては番組の面白さを加速する要素になっていたように思う。

 もう少し細かく振り返ってみると、トップバッターの蛙亭のネタが爆発したのが、大会全体を盛り上げる大きな要因だっただろう。

 蛙亭のコントの舞台は研究所。研究員のイワクラが「今日も変化なしか」とつぶやいていると、ガラスの割れる音とアラート音が鳴り響き、実験体の脱走を告げる緊急アナウンスが入る。彼女の目の前に現れたのは、全身ヌルヌルの男。中野周平が扮するそのヌルヌル男は、実験で作り出された人工生命体(ホムンクルス)だということが後にわかる。

 で、興味深かったのは客席の反応だ。客席はそのヌルヌル男の登場を笑い声で迎え入れた。そして、男が胸を2~3度叩き、口から緑色の液体を吐き出すと、少し悲鳴があがりつつも拍手笑いが起きた。客席がその気持ち悪さに引いてしまってもおかしくないところだ。特徴的な声も含めた中野の存在自体の面白さも奏功しているのだろうが、それにしても、という気がする。ネタを見終わった審査員の山内健司(かまいたち)も、次のようにコメントした。

「もっとウケてもいいのになって思うことはあるんですけど、今回初めて、もっと引いてもいいのになって思うぐらい、ド頭すごい出だしやった」

 今回の大会、『M-1グランプリ』(テレビ朝日系)などと同じく、前説はバイク川崎バイクだったらしい。さまざまなものを「B・K・B」のあいうえお作文にして「ヒィーーア!」と叫ぶあのピン芸人だ。そんな彼が、大抵のものは笑う驚異的な客席を前説で作り上げてしまったということだろうか。

 以前、バイク川崎バイクは、同じくM-1などで前説を長年務めてきたくまだまさしの言葉を引きながら、前説についてこんなことを語っていた。

「くまださんから聞いた言葉なんですけど、お客さんも緊張してるし、いくら我々がウケたところで、そのあと松本さんとかが出てきて、また緊張してるかもしれんし。どこで判断するかっていったら、トップバッターの一発目のボケがウケたら俺たちの仕事は終わりなんだよって」(『やすとものいたって真剣です』朝日放送、2021年9月9日)

 ホムンクルスが緑色の液体を吐き出したところで、客席は引かずに笑い声をあげた。トップバッターの一発目のボケがウケたことが、今大会を勢いづかせた。「伝説の回」の影の立役者は、BKBだったはずだ。――と、真偽がはっきりしないこともつい、憶測を重ねてふかしたくなる。バイクだけに。

  • 10/5 20:00
  • サイゾー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます