お見送り芸人しんいち 歌ネタ「僕たちの好きなもの」で歌手デビュー

拡大画像を見る

 お笑いタレント・お見送り芸人しんいちが5日、歌ネタを元にした「僕の好きなもの」を配信リリースし、歌手デビューを果たした。TBS系「爆笑!ターンテーブル」では、ジャニーズWEST・神山智洋との特別ユニットでネタ披露し、歌唱力も話題に。番組で発していた毒交じりのフレーズは封印し、“笑いなしの泣ける共感ソング”として歌詞を仕上げた。

 所属事務所・グレープカンパニーの先輩芸人や、親交あるミュージシャンが門出を祝福。サンドウィッチマン・伊達みきおは、「芸人・しんいちとしてではなく、三流歌手しんいちとしての極み。しかし、いい声だなぁ。ちょっぴり毒を入れて笑える歌も作って欲しい。実名を出さないやつね」とアドバイスを送った。永野は「僕の好きなもの?そりゃあラッセン…いや違う!普段のしんいちの芸風からは想像出来ない感動的なこの歌だ!癒されました!」と絶賛した。

 山崎まさよしは「デビューシングル発売おめでとう!見送られる気分はどうですか?笑」と“お祝いジョーク”を飛ばしていた。

関連リンク

  • 10/5 23:00
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます