田中圭、永野芽郁を「尊敬した」エピソードとは 撮影秘話明かされる<そして、バトンは渡された>

【モデルプレス=2021/10/05】女優の永野芽郁と俳優の田中圭が5日、都内で行われた映画「そして、バトンは渡された」(10月29日公開)のジャパンプレミアに、共演の石原さとみ、稲垣来泉、市村正親、メガホンをとった前田哲監督とともに出席した。

2018年2月発売直後より、感動傑作との多数の反響が大きな話題を集め、累計発行部数100万部を突破している本屋大賞受賞の感動作『そして、バトンは渡された』を映画化した本作。

血の繋がらない親に育てられ、4回も苗字が変わった高校生、森宮優子(永野)はわけあって料理上手な義理の父親、森宮壮介(田中)と2人暮らしをしている。今は卒業式に向けピアノを猛特訓中だが、将来のこと恋のこと友達のこと、うまくいかないことばかりであった。一方、夫を何度も変えて自由奔放に生きる魔性の女・梨花(石原)。泣き虫な娘のみぃたんには愛情を注ぎともに暮らしていたのだが、ある日突然、娘・みぃたんを残して姿を消してしまう―。やがて、まったく違う2つの物語が交差するとき、驚きとともに、今年最大の感動が訪れる。

◆田中圭、観客にツッコミ「笑った人は失礼ですからね」

優子の血の繋がらない父親・森宮を演じる田中は、演じる上で意識した点を聞かれると「自分が父親なので、最初はどうにかなるだろうと思っていたんですけど、(娘役は)実際に芽郁ちゃんだったじゃないですか。歳が比較的近いというか、近くはないんですけど(笑)、実際の父親の感覚は一切あてにならず、現場で芽郁ちゃんと監督と一緒に作っていくしかないという感じで、お兄ちゃんにならないように気をつけました」と明かし、役との共通点については「懐の広さくらいですかね」といい、客席の一部から笑いが起きると「今、笑った人は失礼ですからね」と突っ込んで笑いを誘った。

◆田中圭、永野芽郁を「尊敬した」撮影中エピソード明かされる

永野と田中は、印象的だったシーンを尋ねられると、田中は「言ってやっちゃって」と永野に振り、永野は「どれだろう…。やっぱり卒業式ですかね。あれ、違うか?」と首をひねり、田中が賛同すると永野は「頭も使って、ピアノも弾いていて『手が動かなくなってきたな…』って感じの撮影だったんですけど、田中さんが疲れているだろうと気遣ってケーキを買ってきてくれたんです!あれ、嬉しかったあ」と笑顔を弾けさせ、これに田中は「すごく長時間の撮影でずっと壇上でピアノを弾いて、感情と向き合ってずっとやっていて、俳優として普通に尊敬したんですよ。『すげえな』と思って、芽郁ちゃんにケーキを渡したらすごく喜んでくれて、よかったと思いました」と声を弾ませた。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 10/5 22:06
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます