【本音レビュー】『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』はダニエル・クレイグが演じる最後の作品に! エンドロールは最後までみてほしい、なぜなら…!

拡大画像を見る

【最新公開シネマ批評】
映画ライター斎藤香が現在公開中の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、ネタバレありの本音レビューをします。

今回は世界中が注目している超話題作『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』(2021年10月1日公開)です。ダニエル・クレイグが演じる最後のジェームズ・ボンド作品。

彼が6代目ジェームズ・ボンドに抜擢された『007/カジノ・ロワイヤル』(2006)から、本作は5作目、これが最後なんて~(涙)。

では物語から。

【物語】

英国秘密情報部のエージェントを引退したジェームズ・ボンド(ダニエル・クレイグ)は、恋人のマドレーヌ(レア・セドゥ)と幸せに暮らしていましたが、ある日、自分の命が狙われる事件が起こり、彼は、マドレーヌの裏切りだと確信。彼女の元から去ります。

5年後、優秀な科学者のオプルチェフが何者かに誘拐されてしまいます。彼は接触するだけで感染する細菌兵器ナノボットの開発者。MI6は、科学者を取り戻そうとボンドに協力を仰ぎ、ボンドは動き出します。

この一件が、別れたマドレーヌと再び繋がるきっかけになるのです。

【あいかわらずド迫力!凄すぎる壮絶アクション】

007と言えば、強靭な肉体と巧みなアクションで危機の連続を乗り越え、任務を全うする世界最高のスパイ! 

本作でも素晴らしいアクションは健在!

マドレーヌとの平和な日々から一転、亡き元恋人のお墓を訪ねたときに大爆発が起こり「ボンドが命を狙われている!」と思ったら、そこからものすごい勢いで敵に追いかけられ、バイクで狭い道をすり抜け、階段を駆け上がり、ハイスピードでバイクチェイスとカーチェイスが展開していきます。

「やっぱり007はこれだよね!」と、血沸き肉躍る大アクションにワクワク、まさにつかみはOKという感じです。

加えて、CIAのパロマ(アナ・デ・アルマス)と合流したキューバでの銃撃戦など、アクションの見どころは多いのですが「目が離せない!」と興奮するのは中盤まで。後半は意外にもドラマ性重視の演出になっていくのです。

【ジェームズ・ボンドに娘がいた?】

007といえば、作品ごとに敵対する最強の敵の存在があります。

本作ではサフィン(ラミ・マレック)が悪役。悪の組織スペクターに家族を殺されたと、何年も恨みつらみを抱えてきた狂気のサフィンは、細菌兵器をモノにして、家族を惨殺したスペクターをつぶし、邪魔をするジェームズ・ボンドの命も奪おうと動きます。

本作ではボンドの愛するマドレーヌと彼女の娘に悪役サフィンがからんでくるせいか、アクションよりも感情に訴えるシーンが多かったような……。

そこが賛否分かれるところじゃないかと思います。ダニエル・クレイグ版のボンドは、どこか生真面目で頑固なイメージもあるので、苦しみながら闘う姿もあったりして。

逆に人間味溢れるボンドが好みな人は、大満足の1作だと思います。

【ダニエル・クレイグらしいサヨナラ】

ダニエル・クレイグが6代目ジェームズ・ボンド役に決まったとき「金髪の007なんて」とか、散々な言われようでしたが、ダニエルはクールに装いながら人間味あふれるジェームズ・ボンドとして魅力を発揮。

ネガティブなコメントをねじ伏せてきました! そして、ついに本作でジェームズ・ボンドとサヨナラするダニエル。

後半がエモーショナルな展開になったのは、プレイボーイでイキな007ではなく、どこか孤独な影をまとった哀愁のジェームズ・ボンドだったからかもしれません。

最後にひとつ鑑賞の際の注意事項を。エンドロールまでしっかり観てくださいね。いちばん最後に007から重要なメッセージがありますから!

執筆:斎藤 香 (c)Pouch

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』
(2021年10月1日よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー)
監督:キャリー・ジョージ・フクナガ
出演:ダニエル・クレイグ、レア・セドゥ、ラシャーナ・リンチ、アナ・デ・アルマス、ラミ・マレックほか
© 2021 DANJAQ, LLC AND MGM. ALL RIGHTS RESERVED.

関連リンク

  • 10/5 18:45
  • Pouch

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます