連絡頻度が少な目だったら脈ナシ?LINEが苦手な男性の心理!

拡大画像を見る


好きな人に LINE で連絡しても、なかなか会話が弾まないなんてこともありますよね。連絡があまりないのは脈ナシなのかもしれないと凹んでいるという女性もいるでしょう。
もしかしたら、彼は LINE が苦手なのかもしれません。LINE が苦手な男性にはその男性に合ったアプローチで攻める必要があります。しつこく LINE を送っても嫌がられるだけです。そこで、LINE が苦手な男性の心理について紹介します。


用件以外LINEしたくない

どうでもいいことをダラダラと話すことが好きな男性がいる一方で、必要なこと以外は連絡するのが面倒だと感じている男性もいます。そういった男性の場合、用件が無いときは既読無視することもあります。
やりとりをしたいからといって、日常のとりとめのないことについて連絡をしていると彼に嫌われてしまうかもしれません。迷惑に思われて、ブロックされないように気を付けましょう。


正解の答えが分からない

いつも短文での返事しか来ない男性の場合、どうやって答えたらいいのか正解が分からないということがあります。そのため、「うん」「へー」といった簡単な返事になってしまうの です。
こういった男性の場合、疑問文にするなど相手が答えやすいような質問をしてみましょう。あなたとの連絡が面倒な場合を除いて、ある程度の長さの文章で返事をしてくれることでしょう。


リアルを大切にしている

LINE はあくまで連絡手段であって、実際に面と向かって話すことを大切にしている男性もいます。LINE で会話が盛り上がるということがありません。
こういった男性の場合、直接話しかけると気軽に話してくれることが多いです。LINE での連絡にこだわるのではなく、彼に合わせてリアルでの会話を楽しむようにしましょう。


文字を打つのが面倒

LINE でちょこちょことやり取りをしているよりも、電話の方が好きだという男性もいます。時間をかけて何回もやり取りするくらいなら、電話で話した方が早いと感じています。
忙しい男性からすると、いつ返してもいい LINE は便利な一方で面倒なツールです。何回もちょこちょこと連絡をするよりも、電話をかけて反応を見てみましょう。


別のアプローチに切り替えよう!

LINE での返事がイマイチな彼には、LINE にこだわらずに別のアプローチに切り替えましょう。その方が、彼との仲が進展しやすいこともありますよ。
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 10/5 21:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます